ボルボが世界初の「ローミング配送」サービスを公開|Volvo

ボルボが世界初の「ローミング配送」サービスを公開|Volvo

CAR NEWS

VOLVO│ボルボ

クルマを宅配ロッカーに

ボルボが世界初の「ローミング配送」サービスを公開

ボルボは宅配物を自動車へ配達する世界初の「ローミング配達」をスペイン・バルセロナで開催された携帯通信関連の見本市で公開。デジタルキーを使い、宅配ロッカーさながらに駐車中のクルマに荷物を届けるという、未来のクルマの姿を披露した。

Text by YANAKA Tomomi

冷暖房の遠隔操作や駐車位置などのチェックも可能に

急速に普及をみせるオンラインショッピング。時間や場所を問わず購入ができる利便性がある反面、配達時に不在で再配達を頼んだり、その時間に家にいなければならなかったりと、最後の受け取りの瞬間に面倒くさいおもいをすることがある。もちろん、この問題は注文側だけではなく、運送会社にとっても、再配達のコストがかかり、お互いに無駄が少なからず生じているという現実がある。

そんなストレスやコストアップを解消するべく、ボルボが提案したのが「ローミング配達」だ。

このシステムでは、ボルボが開発したデジタルキー技術を利用。クルマの所有者はオンラインで商品を注文するさいに、配送先として「自分のクルマ」が選択が可能となり、注文と同時に1回だけ使用できるデジタルキーを配送会社に提供する。

配送業者がクルマのトランクを開けたことや、ふたたびロックしたことは、ユーザーがスマートフォンやタブレットで確認可能。また、配達や集荷が完了すると、そのデジタルキーは再使用不可となるなど、セキュリティ面も考慮されている。

このシステムは、クルマがネットワークと融合することで、どのような利便性がもたらされるかということを、わかりやすく説明するテストケースであるとボルボは説明する。このほかにも、ボルボのテレマティックアプリケーション「ボルボ オン コール」を利用して、冷暖房の遠隔操作や駐車位置、ガソリン残量チェックなど、クルマの状態をスマートフォンやパソコンからチェックできるという機能も提供されている。

すでに100人が参加する実証実験がおこなわれており、そのうち86人が、この配送サービスにより時間を節約できたと回答したという。もっとも、本格的に広く普及させるには、車内の貴重品や駐車場管理の問題などクリアしなければならないハードルは高いと想像できる。しかし、クルマとITを連携させることで、これまでの“移動手段”というクルマ本来の目的を越える、あたらしい未来をボルボは提案してくれたのだ。