松浦俊夫|チコ・ハミルトンを偲んで

松浦俊夫|チコ・ハミルトンを偲んで

LOUNGE MUSIC

松浦俊夫|from TOKYO MOON 12月15日 オンエア

チコ・ハミルトンを偲んで

DJ松浦俊夫による、大人のための音楽番組『TOKYO MOON』。日曜の夜23:30から、InterFM 76.1MHzにてオンエア中です。世界中から選りすぐった“フレッシュ”な音楽や、大人の知的好奇心を刺激するトピックスをご紹介。ここではオンエアされたばかりの内容を振り返ります。アーティストについて深く掘り下げたり、関連した楽曲を紹介したり、さらにはその曲が購入できたりと、『TOKYO MOON』を目と耳で楽しむ連載です。今週は11月25日にこの世を去ったジャズ・ドラマー、チコ・ハミルトン(Chico Hamilton)をフィーチャーしてお届けします。

Text by MATSUURA Toshio

個性が際立ったアーティスト

ドナルド・バード、ジョージ・デューク、クロード・ノブス、シダー・ウォルトン、リタ・ライス、ドン・ブラックマン、フランク・ウェス、サム・モスト、サティマ・ビー・ベンジャミン……。今年もジャズ・ミュージシャン、シンガーなど、多くの敬愛するジャズ関係者がこの世を去りました。そして、先月の終わりには、大好きだったジャズ・ドラマー、チコ・ハミルトンが92歳で天寿を全うしました。
1950年代にアメリカ・ロサンジェルスを拠点とする西海岸で、映画産業の隆盛とともに形成された、白人中心の“ウエスト・コースト・ジャズ・シーン”の中で、ひとりアフロ・アメリカンとして異彩を放つ存在だった彼。アレンジ(メント)を重視するこのシーンの中で、ピアノの代わりにチェロをフィーチャーするなど、室内楽的で優雅なアレンジでありながら、極めて重厚的なサウンドに仕上げる個性が際立ったアーティストでした。
1958年のニューポート・ジャズ・フェスティバルの模様を記録した、ジャズのドキュメンタリー映画の最高峰「真夏の夜のジャズ」(1960年)での、緊張感溢れる「Blue Sands」の演奏を筆頭に、1965年に発表したエキゾチックなダンス・ジャズ・クラシック「Conquistadores」(この楽曲を収録したアルバム『El Chico』には、バークリーに留学中だった渡辺貞夫が参加しています)など、ジャズでありながら非ジャズ的な実験的な姿勢は、60を超えるリーダー作や映画音楽の世界において先鋭的な作品を数多く残し、それらはわたしの音楽観に多大な影響を与えてくれました。
故人のご冥福をお祈りいたします。

Blue Sands

Conquistadores

1970年代にアルバム『Chico Master』で再演した「Conquistadores」は、時代を反映してかファンキー度が増しています。

今回紹介した「Gengis」も『Chico Master』に収録。この曲はHEXのアルバムにも影響を与えてくれました。

6年前にリリースしたブルーノートのコンピレーション『Sunday Blue』に収録した楽曲です。


REVIEW|TRACK LIST

★マークのついた楽曲をクリックすると、試聴・購入することができます。あらかじめ「iTunes」ソフトをインストールのうえ、お楽しみください。

01. Chico Hamilton / Gengis (Stax)
02. Gil Scott-Heron & Brian Jackson / Western Sunrise (Arista)
03. Kenny Garrett / Hey, Chick (Mack Avenue)
04. Jaimeo Brown / Mean World (Motema)
05. Randy Masters And Solar Plexus / Children of Bahia (Evidence Music)
06. Urszula Dudziak / Future Talk (Inner City)
07. Mark Pritchard / Ghosts (Warp / Beat)
08. Swindle / Running Cold – Roni Size Remix (Deep Medi)
09. Fatima / La Neta (Eglo)
10. GB / The Road Ahead – Dego's 2000black Modification (Rush Hour)
11. Beat Spacek / Alone In Da Sun (Ninja Tune)
12. Gabriele Poso / Invocation 002 (test)

Chico Hamilton 『The Master』

Chico Hamilton 『The Master』

Gil Scott-Heron & Brian Jackson 『Midnight Band The First Minute Of A New Day』

Gil Scott-Heron & Brian Jackson
『Midnight Band The First Minute
of A New Day』

Kenny Garrett 『Pushing the World Away』

Kenny Garrett
『Pushing the World Away』

Jaimeo Brown 『Transcendence』

Jaimeo Brown 『Transcendence』

Randy Masters And Solar Plexus 『Voices』

Randy Masters And Solar Plexus
『Voices』

Urszula Dudziak 『Future Talk』

Urszula Dudziak 『Future Talk』

Mark Pritchard 『Lock Off』

Mark Pritchard 『Lock Off』

Swindle 「Running Cold-Roni Siize Remix」

Swindle 「Running Cold -
Roni Siize Remix」

Fatima 「La Neta」

Fatima 「La Neta」

GB 「Within These Machines」

GB 「Within These Machines」

Beat Spacek 「Alone In Da Sun」

Beat Spacek 「Alone In Da Sun」


今週の「TOKYO MOON on iTunes」

これまでに紹介した楽曲のなかから、選りすぐったものをここで購入できます。気になった楽曲がすぐ入手できる喜びを味わってください。多くの偉大なるミュージシャンが亡くなった一方、未来に向かってあたらしい音楽が日々生まれています。今回紹介したアーティストの近作もあわせて聴いてみてください。ちなみにAfrica Hitechは、SpacekとMark Pritchardによるプロジェクトです。

楽曲をクリックすると、試聴・購入することができます。
あらかじめ「iTunes」ソフトをインストールのうえ、お楽しみください。

Africa Hitech / Light The Way  2011.4.17
Fatima / Innervisions  2011.5.15
Swindle / Mischief  2012.10.14

tokyomoon_info

松浦俊夫『TOKYO MOON』

毎週日曜日23:30~24:30 ON AIR
   水曜日26:00~27:00(再放送) ON AIR

『TOKYO MOON』へのメッセージはこちらまで
moon@interfm.jp

Inter FM 76.1MHz
www.interfm.co.jp

松浦俊夫|連載トップページへ

ABOUT
MATSUURA Toshio

1990年、United Future Organization (U.F.O.)を結成。 日本におけるクラブカルチャー創世記の礎を築く。 12年間で5枚のフルアルバムを世界32ヶ国で発売し、高い評価を得た。 独立後も精 …