ポルシェAGエクステリアデザイナー 山下周一氏インタビュー|Porsche

ポルシェAGエクステリアデザイナー 山下周一氏インタビュー|Porsche

CAR FEATURES

Porsche 911|ポルシェ911

ポルシェAGエクステリアデザイナー 山下周一氏インタビュー

タイムレスな魅力を放ち続けるポルシェ911の奇跡

名作の条件とは何だろう。映画やアート作品ならば、人の心を動かす力か。実用品であれば、優れた機能や使い勝手だろうか。ジャンルによって違いはあるが、多くの名品に共通するのは、唯一無二の存在であること。そしてなんと言っても、時代を超えて訴えかけてくるものがあること、つまり、“Timeless”であることだ。

好みの問題はあるとしても、誰もが名作と認めるものがある。例えば、チャールズ・チャップリンの映画。建築ならル・コルビュジェの建物。そして、名車といえばポルシェ「911」だろう。1963年の誕生以来、50年以上にわたってスポーツカーのアイコンであり続けている。このクルマが、第8世代へと進化した。映画ジャーナリストの牧口じゅん氏が、最新モデル日本初上陸に際し帰国した、ポルシェ唯一の日本人エクステリアデザイナー、山下周一氏との対話から、そのタイムレスな魅力を探る。

Photographs by Yuki Sato & Porsche JapanText by Maki Makiguchi

名車911に携わるのはオリンピックに出場するようなもの

映画ジャーナリストとして、ポルシェへは特別な感情を抱いている。特に、ブランドを象徴する存在である「911」は、多くの映画に登場しているのだ。スティーブ・マックイーンが創り上げたレース映画の傑作『栄光のル・マン』、カー・レーサーが登場する『男と女』、さらには『アニー・ホール』や『フラッシュ・ダンス』といった恋愛ドラマにも登場。クルマに詳しくない筆者ですら、パワフルながらエレガントな姿に魅了されている。

なぜこれほど多くの映画に用いられるのか。それは、“ポルシェを選ぶ”ということが、キャラクターにセリフや所作だけでは表現しきれない奥行きを与えるからに違いない。この美しいクルマを選んだその人の、美学までをも一瞬で感じ取ることができるのだ。それができる名車、だから映画人に愛されてきたのだろう。

50年以上に渡り、初代のDNAを受け継ぎながら進化を続ける名車911に携わることを、山下さんはこう語る。

「心から誇りに思っています。オリンピックに出場するって、こんな感じかもしれないですね。日本でのプレゼンテーションに関わる機会を得たことも人生で最も嬉しい出来事のひとつでした」

プロダクトデザインを学んでいた山下さんが、カーデザイナーを志し、学び舎に戻ったのが28歳のとき。卒業後、カーメーカー数社を経て13年前にポルシェに入社。当時携わった第7世代(991)に続き、山下さんにとって911のプロジェクトに参加するのは今回で2回目となる。最新モデルに込められているのは、伝統へのオマージュだという。

「911をデザインするにあたり、過去のモデルをリサーチし自分なりに伝統を再解釈します。911とはこういうものだという理解を深めるんですが、今回、最新技術を使えば、昔のデザインをモダンな解釈で再現することが可能だと感じました。

最もフォーカスしたのは、930型(1974-89年)964型(89-93年)に見られる一文字型のリアランプです。ぜひ、夜に見て頂きたい。一目でわかりますよ。まるで、ビシッと音が聞こえるかのような凛々しさ。僕は“日本刀”と表現しています。

通常、線状のランプは製造技術の問題で2つほど分割線が入るんです。でも、最新の911のリアランプは一体で左右1.4メートルにも及びます。ランプの厚みも30ミリしかない。すべてはLED技術があるから可能になったこと。

インテリアのディスプレーも、かつてのデザインを復刻させ、水平方向にレイアウトされた2つのラインを強調しました。全体的にクリーンでシンプルな印象にまとめています」

Page.2 進化の中で“Timeless”をどう表現し続けるか