「ソー・エルメス」への旅|祐真朋樹

「ソー・エルメス」への旅|祐真朋樹

LOUNGE TRAVEL

祐真朋樹の「ソー・エルメス」への旅(1)

障害馬術の国際大会「ソー・エルメス」。その第10回目となる大会が3月22日から24日まで開かれ、最高峰の戦いが繰り広げられた。僕はそれに招かれ、人生初の「ソー・エルメス」観戦の機会を得た。

Photographs & Text by SUKEZANE Tomoki

1日目
「ソー・エルメス」は障害馬術の一種で、障害飛越のエリートがグランパレに集結して競技を争う重要な国際大会。国際馬術競技で最も難易度の高い「CSI5★」レベルだそうだ……と聞いてもちんぷんかんぷんなのだが、かねてから乗馬に対する憧れは強く持っていたので、貴族の伝統を受け継いだ馬の競技を観戦できるのかと、年明け早々に気分が高揚した。

出発間近になってスケジュール表を見ると、また一段と気分が上がる。今回の旅は、まずロンドンで2泊。そこでエルメスのメンズコレクションのランウェイを見てから、ユーロスターでパリへ移動、というスケジュール。

ロンドンではランウェイの観覧以外に、ホワイトキューブへ行く予定が組み込まれていた。宿泊先は過去に2度泊まったことがあるザ・サボイ。今は団体の観光客なども目立つ大型ホテルだが、ロビーやバーの内装、そして客室の至るところに、伝統と格式が築き上げた趣が残っている。そんなザ・サボイでビスポークした服に着替え、ディナー前にバーでカクテルを頂けば、もう気分はオールド007。それがなかなか愉しい。ユーロスターに乗るのも、かれこれ11年ぶりだった。ますます期待が高まる。

到着した日の夜は、ホテル近くのレストランでディナー。各国から来たプレスと一緒に徒歩で向かう。大人の遠足気分で微笑ましい雰囲気。ほどなくPetersham Nurseriesに到着。店はガーデンニングショップ内にレストランスペースがあるナチュラルな作り。団体で歩いて行くというピクニックのような演出も功を奏し、みんな気分が和らいだ状態で店に入った。ウエルカムシャンパンを1杯やってからテーブルへ。

日本人プレスのテーブルは決まっていたが、フリーシートだったため、一瞬どこに座るか戸惑う。僕は最初にテーブルに着いたので、とりあえず一番奥の席へ座った。店内を眺めていると、11年前にリッチモンドにあるPetersharm Nurseriesの本店に行ったことを思い出した。その時は、家族3人でロンドンへ来たのだが、彼女が下調べした結果、一番行きたい店がそこだった。70年代からロンドンに住んでいる友人も一緒だったが、「こんな場所に、こんな店があるのね!」と驚いていた。

生まれて初めてオーガニックシャンパンを飲み、大きな畑のあるガーデン内で食すランチ。気分爽快で素晴らしかったことを思い出した。それが今やロンドンのど真ん中、コベントガーデンに洗練されたかたちで支店が存在している。改めて時の流れを感じつつ、腕時計に目をやった。

今回のソー・エルメスツアーに参加するにあたり、何かエルメスの服を着て行こうと考えて、出発直前に銀座の店でマスタードイエローのパンツとリネンの白いハンカチを購入した。

パンツは、僕が20年近く前に買ったエルメスの黒いトレンチコートに合わせようと考えた。リネンの白いハンカチは透明感があって美しく、一目惚れ。普通の白いハンカチだけど、「実はエルメスなんです」ってところに惹かれて衝動買いをした。

が、この日のディナーで身につけたエルメスアイテムは服ではなく、約15年前にフォーブルサントノーレのエルメス本店で購入した腕時計だった。僕が持っている腕時計では最も高級で一番派手なデザインだ。購入したのはパリに撮影で行ったときのこと。到着したその日のことだった。つまり、時差ボケのダルさを残したまま、空港からロケ場所の下見に直行し、その後ホテルへ行ってブランチ。

その日は、夜のフィッテイングまで時間が空いたのでブランチにシャンパンを抜いたため、かなり酔いが身体にまわっていた。そしてその状態で、気分が上がったまま、エルメス本店へ。パリへ来る前、雑誌でエルメスの新しい腕時計広告を見て、文字盤のデザインに注目していた。時計売り場がある二階へ上がり、目的の時計がないかと探したが、なかなか見つからない。いよいよ最後のショーケースだな、と思って覗くと、なんとそこに目当ての時計が鎮座ましましていたのである。

僕は思わず、「あっ!これだ」と大きい声を発した。ワクワクした目(おそらく)でショーケースを覗いていると、年配で落ち着いたフランス人女性のスタッフに、「お試しになる?」と声をかけられた。体内のアルコールが僕の背中を押して、その後数分のうちに購入に至った。ベルトの色を茶色にしたかったが、その時は赤しかなかった。でも、なにしろ僕は酔っ払っていたので冷静な判断がつかない。「使っているうちに渋くなるだろう」と都合のいいように考え、赤いベルトを買ってしまった。

東京へ戻って案の定、その赤の派手さを気にしていたら、彼女から「似合わないよ」の一言。本質を突かれた。それ以降15年ほどマイ・クローゼットで冬眠していたが、今回の旅では、持っている限りのエルメスを身につけたいと思って引っ張り出してきた。自分も歳を重ねたからか、赤の派手さもしっくりしてきたような気がした。時が解決してくれたなと思っていると、「この買い物は失敗ではなかったんだよ」とどこからともなく、買い物の悪魔に優しく囁かれた気がした。

席に着くと、ふたつの思い出が立て続けに蘇り、旨いラムステーキを噛みしめるまでは、何を食べたか憶えていない。ワイワイと騒がしく声がこだまし、ナイフ&フォークの音が響く中、ひとり思い出に浸って旨い肉と赤ワインを口に運ぶのは心地いいものである。その日は、そのままほろ酔い状態でホテルへ戻り、シャワーを浴びて寝た。

2日目
お約束の時差ボケで4時半に目覚める。僕は悲惨なまでの時差ボケ体質。20代からサプリはもちろんのこと、食事制限、酒、スポーツとありとあらゆる方法で時差ボケ解消に努めてきたが、どれもこれも奏功せず。結局、時差ボケ脱却は諦め、40歳以降は時差ボケをライフスタイルとして受け入れることにした。スギ、ヒノキ花粉にも22歳から悩まされてきたが、これも40を過ぎてからは無駄な抵抗はしなくなった。

昨日は到着早々にディナーへ出掛けて、酔って帰ってすぐ就寝。さすがにアンパッキンは済ませていたが、机に置かれていたエルメスからの案内状など、諸々をチェックしていなかった。早速寝起き頭のボケボケ状態で、ひととおり目を通す。この日の予定は、朝からホワイトキューブへ出掛けて、ランチはイタリアンレストラン、そして夜のランウェイコレクション観覧後にパーティ……という段取り。

ソー・エルメス 編集大魔王・祐真朋樹

夜のパーティは着席ではないので、ランチはしっかり食べておいた方がよさそうだ。スケジュールの確認後は、締切り間近の某誌の連載原稿に取りかかり、2時間程で書き終える。バスタブへお湯をために行き、再び机へ戻って東京の編集者とラインで仕事のやりとりをしていたら、バスタブのお湯が溢れて部屋ギリギリのところまできていた。危なかった。間一髪セーーーフ。慌ててバスルームのタイル床にたまったお湯を必死で流し、タオルでも床を拭き取る。あっという間に時差ボケの気だるさが吹っ飛んだ。

その昔、一緒にロンドン取材に来た編集者が、バスタブにお湯を入れようと蛇口をひねったままベッドでウトウトしてしまい、気づいたら部屋の床がプール状態になってしまった事件を思い出した。最終的には旅行保険が下りたらしいが、相当な金額を払ったと聞いた。その時はドジな人だと思ったが、自分もやりかねないタイプだと悟った。汗を拭いながら、お湯を拭いたタオルを力一杯絞り続けた。気がつくと、いつの間にか9時をまわっていた。イングリッシュブレックファーストを食べ損ねたが、特に空腹感もない。冷蔵庫にあった冷たいコカコーラを一気飲みしてシャワーを浴び、熱々のバスタブにつかった。

風呂から上がり、髪を乾かすとホテル周りを散歩したくなった。ロビー集合15分前だったが、ホテル周りをウロウロ。出勤途中らしき人々が歩いてくる波に逆らうように歩いていると、その先に駅があった。なるほど、みんな駅から出て来てたのね。路地裏へ入ると、バーバーを発見。90年代、僕はロンドンの床屋は格好いい!という印象を持っていた。古臭いビルの部屋に椅子が一つだけあって、とびきりカットの上手い職人がいる。そんな印象。今もそんな店はあると思うが、その店は今風であった。ニューヨーク、ロンドン、東京……大都市で見かける、ナウなバーバーだった。

ロビーへ戻り、みんなとホワイトキューブへ。今回見に来たのはトレーシー・エミンの個展。個人的には、こうやって誘ってもらわなかったら見に来なかったと思う。彼女自らの悲痛な体験をダイレクトに写真、画、詩に表現し、それらを一気に集めた空間。そこで約1時間を過ごした。

病みの重さがのしかかってくるようだった。見ている時は「素敵な絵」だとか「いい写真」だとは感じなかったが、見たものすべてが今も脳裏に焼きついているということは、強烈なインパクトを持った作品群であったことは間違いない。深淵な魔力に包まれた個展だった。作家自身の映像や写真、絵を見ると、着るものに気を遣っているアーティストだというのがわかって興味深い。軽い表現になってしまうがトレーシー・エミンは「お洒落な人」だ。これは僕的には大切なことで、アーティスト、建築家、音楽家などなど、着るものに気を遣っている人だと興味が倍増するのである。

ソー・エルメス 編集大魔王・祐真朋樹
ソー・エルメス 編集大魔王・祐真朋樹
ソー・エルメス 編集大魔王・祐真朋樹

ギャラリーを出て、暫しのインスタグラムタイム。ながらスマホでリムジンに乗る。朝からコカコーラ一杯だったので、さすがに腹ぺこ。Café Muranoへワクワクの移動である。ロンドンのイタリアンレストランは、パリと比べるとレベルは高い。だいたいの店がパスタはアルデンテ……のはず。だが、僕はこれまでの経験上、どうしてもイタリアと日本以外でパスタを頼む勇気はなくて、パスタはパスして肉を頼むことにしている。

この日も迷わずマッシュルームのサラダとビーフのタリアータを頼んだ。デザートはティラミス。が、その後、隣のイギリス人男性が太めのパスタを食べているのを見て、ちょっと興味が湧いた。

なんだか、イタリアンマフィアが食べてそうなパスタなのだ。お皿からパスタの端が飛び出している。ちょっと心が揺れた。

ランチで空腹を満たして大満足。その後は自由行動だったが、ホテルへは戻らずテートモダンへ。

夜のパーティはロビーに7時集合だったので、フリータイムが2時間程あった。

テートモダンではジェニー・ホルツァー展を鑑賞。なんと無料だった。彼女の電光掲示を使ったワード・アートが好きだ。動く電光掲示を眺めていると時間を忘れる。

ソー・エルメス 編集大魔王・祐真朋樹
ソー・エルメス 編集大魔王・祐真朋樹
ソー・エルメス 編集大魔王・祐真朋樹
ソー・エルメス 編集大魔王・祐真朋樹

そして7時にロビー集合。日本を出発する前日に買ったエルメスのマスタードイエローパンツに、20年ほど前に買った黒いトレンチコートを合わせ、15年ほど前に買った腕時計をはめた。不自然な気もしたが、パーティは変な格好の方が面白い。

ソー・エルメス 編集大魔王・祐真朋樹

コレクションでは、日本人として唯一モデルとして出ていた内田雅樂君に注目した。表情、歩き具合などすべてが初々しくて爽やかな気分になった。エルメスのブランドイメージにもぴったりに思えた。

その後、パーティ会場ではフェニックスのライブがあり、シャンパンはルイロデレールが振る舞われた。POKITのデザイナー、バイオード・オデュオールと偶然の再会をして盛り上がった。後は、あんまり憶えていない……。

ソー・エルメス 編集大魔王・祐真朋樹
ソー・エルメス 編集大魔王・祐真朋樹
ソー・エルメス 編集大魔王・祐真朋樹
ABOUT
SUKEZANE Tomoki

1965年京都市生まれ。(株)マガジンハウスのPOPEYE編集部でファッションエディターとしてのキャリアをスタート。現在は『UOMO』『GQ JAPAN』『Casa BRUTUS』『MEN’S NON-NO』『ENGINE』等のファッションページのディレクションのほか、著名アーティストや文化人の広告のスタイリング等を手掛けている。パリとミラノのコレクション観覧歴はかれこれ25年以上。   Born in 1965 in Kyoto, Japan. He started his career as a fashion editor at POPEYE magazine of Magazine House. Currently, he is working on various magazines such as UOMO(SHUEISHA), GQ(Conde Nast Japan),Casa BRUTUS (Magazine House), MEN’S NON NO (SHUEISHA), ENGINE(SHINCHOSHA)and he is setting styling people such as artists and […]