上海モーターショー2019 コンセプトカー編|Auto Shanghai 2019

上海モーターショー2019 コンセプトカー編|Auto Shanghai 2019

Grove Concept by Pininfarina

CAR FEATURES

Auto Shanghai 2019|上海モーターショー 2019

上海モーターショー2019 コンセプトカー編

ゲームチェンジャー

4月末に開催された上海オートショー2019は、巨大な自動車市場である中国において、北京と隔年で交互に開催される中国最大のモーターショーであり、国内メーカーはもとより国際ブランドも熱い視線を注ぐ。今年も、イタリア在住のジャーナリスト、大矢アキオ氏が現地取材を行い、その様子を2回にわけて総括する。第2回はコンセプトカーを中心にリポート。

プロダクションカー編はこちら

Text & Photographs by Akio Lorenzo OYA

アバターとドライブ

上海国際モーターショー2019が4月16日から25日まで開催された。同ショーは今年で隔年開催で第18回。毎年開催という違いこそあれ、前月開催されたジュネーヴが第89回であったのからすると、依然若いショーであることを実感する。

筆者自身をいえば、中国取材は早くも9年目となるが、これまでプレスセンターに足を踏み入れる機会がなかった。今回初めて訪れ、そこにいるジャーナリストたちの若さに気がついた。欧州のショーでは近年、自動車ジャーナリズムの衰退を反映して高齢記者が目立つ。それからすると実に対照的であり、再び自動車新興国のショーであることを感じた。

BYD E-seed GT

Karma SC1 Vision Concept

コンセプトカーの話をしよう。ピニンファリーナ、ジョルジェット&ファブリツィオ・ジウジアーロ率いるGFGスタイル、そしてイコーナといったトリノのデザインハウスが一堂に参加したところは、彼らのクライアントである中国メーカーへの期待が継続していることを感じさせる。とくにピニンファリーナは、トリノ・上海各スタジオの新作を、別々の現地メーカーとのコラボレーションで披露した。

なお、メーカーではルノーがショー直前に世界で6番目のデザインスタジオを上海に開所した。独・米ブランドからするとかなり遅めの進出だが、いまでもこの巨大市場に向けたデザインの模索が続いていることを示している。

FAW Bestune E2 concept

Dongfeng Sharing Van

中国メーカーのコンセプトカーでは「CASE(=コネクティビティ、自動運転、シェアリング、電動化)」のいずれかが、もはや“デフォルト”といってよい。

まずはC(connectivity)。一汽のプレミアムブランド「ベスチューン」の「E2コンセプト」では、車内にあたかも恋人や家族のごとくアバターが現れ、外部との“つながり”をアシストするデバイスが提案されている。2019年1月にラスベガスCESで日産が提示したものに近いが、その果敢かつ素早い取り組みに脱帽する。

A(autonomous=自動運転)は、ほぼすべてのコンセプトカーで想定されている。

S(sharing)を目指したモビリティもいくかつみられた。東風によるその名も「シェアリングバン」は、第一印象がトヨタのCES2018出展車「e-Palette」に見えるのが惜しい。ただし、河北省ですでに計画されている巨大自動運転都市にみられるような政府の強力なバックアップがある国だ。日本の研究を早いうちに追い越すことも充分考えられる。