機械作業と人間の手作業を融合。キーワードは「ハイテク&ハイタッチ」|MEDICOM TOY

MEDICOM TOY|機械作業と人間の手作業を融合。キーワードは「ハイテク&ハイタッチ」

MEDICOM TOY|メディコム・トイ

MEDICOM TOY|メディコム・トイ

カリモク ☓ BE@RBRICK 取材リポート 中編(1)

メディコム・トイとカリモクのコラボレーションで生まれた「カリモクBE@RBRICK」の製造工場を見学するため、愛知県知多郡東浦町にあるカリモク家具株式会社を訪れたOPENERS一行。今回はいよいよ工場で製造工程を見せていただくことに。ここでは木材の状態から職人の手によるさまざまな工程を経て加工され、塗装、組み立て、梱包まで行なわれているという。この日、製造していたのは2019年4月発売予定のBE@RBRICK × カリモク銘木シリーズ最新作「BE@RBRICK カリモク OVANGKOL 400%」。いったいどのようにしてBE@RBRICKとして命が吹き込まれるのだろう。

Photographs by OHTAKI KakuText by SHINNO Kunihiko

引き続きナビゲートしていただくのは、カリモク家具株式会社 マーケティングセンター 新規事業部の池田令和さん。最初に案内されたのは、胴体と脚部を加工する工程。機械作業と人間の手作業を融合させた生産ラインのキーワードは「ハイテク&ハイタッチ」だという。

 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

池田 それでは実際に製作工程をご覧ください。弊社には木製家具のさまざまな部品を加工するための機械が設備されており、それらを使ってBE@RBRICKの各パーツの形状ごとに最も効率よく作業できるよう工程を分けています。作業工程は家具作りと同じですが、小さいものの方が仕上げるのは難しいです。

ここは胴体と脚部を加工するところで、最初に機械で大まかな形にします。材料をどういう形に取るかを指定する作業を“けがく”と言うんですけれども、機械にかける前に前工程で荒取りして余計なところは先にとっておくんです。

腰や両脚のパーツは木目を揃えるため、なるべく近い場所の木を使うようにしています。

この作業でとても大事なのは、正面と後、どちらの面にどんな木目が出るかがここで決まるんです。どちらの木目が表に出たほうがきれいか決めるのはこの工程担当職人の裁量なので、非常にセンスが問われます。BE@RBRICKの工芸的価値を決める最初の分岐点はここです。

 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

加工した時点で節が出たり、穴が空いていたなど社内基準に適合しないものは、その時点で次の工程に回さず、ストックの木材と交換してもらうとのこと。目に見える情報だけで瞬時に判断していく才能は職人さんの経験の賜物だ。

 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

池田 職人がスタートボタンを押すと、ここから機械が刃物で形作っていきます。切断加工の多いパーツも一時的に木ネジで止めてあるので、刃物の負荷がかかっても飛んでいくことはありません。

止めておいた穴は組み立てると隠れてしまう部分。製品の出来栄えを上げるには、いかなる工夫もする、というのが私どもの考えです。

加工機械から上がってきた時点ではまだ角(カド)がたくさん立っているんですが、それらを紙ヤスリで一定に潰したり、メディコム・トイさんから指示されたアール(角を丸めて円弧状に加工した状態)にしていくのは、すべて職人の手作業でやっています。

機械と人間の手作業の最適なハイブリッドを、私どもでは「ハイテク&ハイタッチ」と呼んでいます。

これは家具を作るときに用いる言葉で、そのままBE@RBRICKを作る際にも使っています。寸法を切り揃えることは機械に任せて、そうではない部分──こういったBE@RBRICKの顔や手脚のような曲面のフィニッシュは、やはり人間の目と手の感覚でやったほうが抜け漏れなくきれいに仕上がるんです。

また機械から出たまま組み合わせると、BE@RBRICKを立てたときにどうしても左右の脚の高さが微妙に揃いません。これを“ガタ”といいます。そのガタをなくす作業も彼の仕事です。これをやらないまま塗装工程に行くと取り返しがつかないので、このレベルは非常に精度が求められる仕事です。

腰と脚にはお客さまに見えなくなる部分に番号がふってあって、この後の工程も全部つながっているので、ここでガタがなければ、製品になってもガタがないということです。

職人たちは「治具(ジグ)」といって、BE@RBRICKの各パーツに合わせて形をとったり、バランスを見たり、

自分たちでチェックするための道具をいろいろ工夫して作り出して使っています。

作業者からここが不満だ、もっと効率よくできる方法はないかという声が上がると、新たな治具を考える担当が改善する。そうやって、どんどんバージョンが上がっていくんです。

 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

職人さんに話をうかがったところ、1日の工程で仕上げられるのはわずか15体程度。いかに神経を使って作られているかが分かる。ひとつの工程が終わると、また次の作業へ。一連の作業が最もやりやすいように配置されたレイアウトも職人の個性である。

Page02. 家具と同じクオリティを満たすものでないと世に出さない