新型BMW Z4が日本上陸|BMW

新型BMW Z4が日本上陸|BMW

CAR NEWS

BMW Z4|ビー・エム・ダブリュー Z4

新型BMW Z4が日本上陸

ビー・エム・ダブリューは3月25日(月)、2シーター オープンモデルの新型「Z4」を日本で発売した。

Text by YANAKA Tomomi

一回り大きくなり、低重心化したボディ

昨年発表された「Z4」が日本で約2年ぶりに復活し、4代目へと進化した。

ボディサイズは全長4,335×全幅1,865×全高1,303mmと、先代と比較して全長が85mm、全幅が75mm拡大し、全高15mm高くなったものの、ホイールベースは25mm短縮し、低重心化に寄与するソフトルーフトップを採用することで高い俊敏性と操縦性を実現しているとBMWでは謳う。

このソフトルーフトップは低重心なシルエットに調和するため、コンパクトなデザインに仕上げられているのが特徴で、オープン、クローズ時ともに281リッターのトランク容量を確保しているほか、時速50km以下ならば走行時でも10秒で開閉可能となる。

「20i」には、2.0リッター直列4気筒ターボガソリンが搭載され、「M40i」には3.0直列4気筒ターボが与えられる。スペックは前者が最高出力145kW(197ps)、最大トルク320Nm、後者は最高出力が250kW(340ps)、最大トルク500Nmまで引き上げられる。

このエンジンの性能を引き出すため、M40iにはアダプティブMスポーツ サスペンションを標準装備。2.0リッターエンジンのMスポーツでもオプションとして用意される。

室内では、10.25インチのコントロールディスプレイやフルデジタルメーターパネルなど視認性を高めたディスプレイを装備したほか、ロードスターのセグメントとして初めてヘッドアップディスプレイも装備可能という。

またAIを活用した「BMWインテリジェント パーソナル アシスタント」を搭載することで、音声会話だけで車両の操作や情報へのアクセスも可能に。使用頻度に応じてドライバーの好みを学習していくそう。

価格は、2.0リッターエンジンの「sDrive 20i」が566万円、「sDrive 20i スポーツライン」が615万円、「sDrive 20i Mスポーツ」が665万円。3.0リッターの「M40i」は835万円となる。