ジョエル・ロブションが贈る春の訪れを祝うコースメニュー|Joël Robuchon

Joël Robuchon|ジョエル・ロブションが贈る春の訪れを祝うコースメニュー

LOUNGE EAT

Joël Robuchon|ジョエル・ロブション

旬の食材を使用した季節感あふれるメニュー

ジョエル・ロブションの春メニューの提供がスタートした。厳選された春らしい食材をふんだんに使った料理は、おなかも心も満たしてくれる。ぜひこの季節のコースメニューで華やかな春の訪れを感じみてほしい。

Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)

20種類以上のスイーツを好きなだけ食べられる「小菓子のワゴン」も魅力

2019年3月12日(火)より、ガストロノミー“ジョエル・ロブション”では、春に旬をむかえる葉の花やハマグリなど、季節の食材を使用した、色あざやかな春のコースメニューの提供をスタートした。

メニューは全3コースのなかから選択できる。

なかでもひときわ目を惹く一皿が「アーティチョーク フォアグラと共にミルフィーユ仕立てにしレモンの香る春野菜のグレックを添えて」は、アーティチョークとフォアグラのテリーヌを、ギリシャ風に仕上げた彩りあざやかなカリフラワー、ラディッシュ、ミニフヌイユのマリネ、プティポワのソースでいただく。

ジョエル・ロブション
ジョエル・ロブション

くわえてメインには「フランス産仔牛 ココットでローストし旬野菜のマティニョンと白アスパラガスのグラティネをコンテの香りで」は、仔牛肉に甘みができるまで炒めた根菜を合わせた一皿。コンテチーズをまとわせたホワイトアスパラガスが添えられ、春らしさを存分に感じられる構成となっている。

デザートは、花びらを一枚一枚絞り、バラに見立てた「ローズに見立てたフランス産春の花々のハチミツのムースに、ゆうべにを忍ばせて」。苺に春の花々が香るハチミツを合わせたこの季節ならではの味わいが楽しめる一品だ。

ジョエル・ロブション
ジョエル・ロブション

コースの締めくくりには、「小菓子のワゴン」がされる。これは一口サイズのマカロンやチョコレートなど20種類以上を好きなだけいただくことができる。ガストロノミー“ジョエル・ロブション”ならではのメニューだ。

ジョエル・ロブション 春メニュー
時間|【ランチ】12:00~16:00(L.O14:00) 【ディナー】18:00~24:00(L.O.21:00)
料金|プリフィックスメニュー(追加料金あり)
【ランチ】1万8000円~3万円 【ディナー】2万4000円~3万円
場所|ガストロノミー“ジョエル・ロブション”
東京都目黒区三田1-13-1恵比寿ガーデンプレイス
※価格は全て税込、サービス料別(12%)となる、お飲み物は含まれません
※男性のお客様はジャケットまたは襟付きシャツのご着用をお願いいたします。
※ランチの営業は土曜・日曜・祝日のみとなります。

問い合わせ先

ガストロノミー“ジョエル・ロブション”

Tel.03-5424-1338(受付時間 11:00~21:00)
Tel.03-5424-1347(受付時間 11:00~21:00)