沿線の魅力を詰め込んだ旅列車「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」 |西日本鉄道

西日本鉄道|沿線の魅力を詰め込んだ旅列車「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」

LOUNGE TRAVEL

西日本鉄道|ニシニホンテツドウ

トランジットジェネラルオフィスがトータルプロデュース。
福岡、西鉄の地域を味わう旅列車。

福岡を拠点とする西日本鉄道では、2019年3月23日(土)より地域を味わう旅列車「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」の運行がスタートする。“LOCAL to TRAIN”をコンセプトに、筑後地域の新鮮な食材を使った料理がコースで楽しめるほか、伝統工芸を用いた内装など、沿線の魅力が随所に詰め込まれたこの旅列車は、トランジットジェネラルオフィスがトータルプロデュースを担当。スペシャリストのこだわりと地域との融合が、これまでにない新しい旅の価値を提供する。

Text by WAKABAYASHI Satsuki

西鉄沿線の魅力を詰め込んだ旅列車。この春運行。

福岡を拠点とする西日本鉄道株式会社は、この春沿線の地域を味わう旅列車 「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」の運行をスタートさせる。トータルプロデュースを担当したのはトランジットジェネラルオフィス。その多角的なアプローチを随所に感じる豪華なプロジェクトだ。

まずメインディッシュには、筑後の小麦を使用した焼き立てのピザを用意。これは窯料理で定評のある「エンボカ」の今井正氏監修によるピザ窯を列車内に設置したことで、焼きたてを味わえるという贅沢なもの。更にアミューズと前菜(肉のプレートと野菜のプレート)は、福岡在住の人気料理家・渡辺康啓氏が担当。産地や旬にこだわった沿線地域の食材を使用したオリジナル料理が提供される。

九州では展開されていない今井氏のピザと、お店では食べられない渡辺氏の料理が味わえるのはこの旅列車ならでは。旬を味わえるよう、メニューは季節ごとに変えられる予定なので、四季を通して列車の旅を楽しめる。

THE RAIL KITCHEN CHIKUGO

また、ロゴと外装デザインは福岡南央子氏が担当。柳川の川下りや久留米の特産品、大牟田の産業遺産など、沿線を代表する豊かな資源や魅力をアイコンとして作られたロゴやキッチンクロスをモチーフにした赤いチェックのロゴは、沿線の緑豊かな風景に彩りを添える。

モダンかつカジュアルなアプローチの内装デザインは、ランドスケーププロダクツによるもの。八女の竹を使用した竹編み生地や城島瓦といった沿線地域の伝統工芸品を用いて、筑後の「ものづくり」の魅力を発信し、沿線の新しい魅力を感じる空間を演出している。

更に福岡出身のアーティスト鹿児島睦氏によるデザインTIN(ブリキ)パネルは、筑後川と沿線の豊かな自然を表現しており、内装デザインと共に乗客を楽しませてくれる。

THE RAIL KITCHEN CHIKUGO
THE RAIL KITCHEN CHIKUGO

他にも、ウェルカムドリンクには「あまおうプレミアムスパークリングワイン」やフルーツジュース、 食事中のドリンクには沿線地域の地酒、八女茶などを用意。食後は沿線で生産されたハーブで作るハーブティや久留米の人気ロースター「COFFEE COUNTY」のオリジナルブレンドコーヒーに、人気パティシエによる沿線地域の食材を使ったオリジナルの焼き菓子も。

地域を彩る作り手と多彩なスペシャリストによって引き出された筑後の新しい魅力と、それらを五感で味わう旅列車。きっと優雅な時間を約束してくれることだろう。まずは春を堪能してみてはいかがだろうか。

問い合わせ先

THE RAIL KITCHEN CHIKUGO

https://www.railkitchen.jp/