10月期の連続ドラマと11月の国際映画祭と・・・|戸田恵子

戸田恵子|10月期の連続ドラマと11月の国際映画祭と・・・

Happy? Half Century

10月期の連続ドラマと11月の国際映画祭と・・・(1)

2018年10月期の連ドラ「僕らは奇跡でできている」。ホームドラマではないけれど、私にとっては久々に家庭の匂いがありました。スタジオで食べる山田さんの料理の美味しいこと美味しいこと。11月、賑やかに第26回キネコ国際映画祭が催されました。期間中、駅から会場までは、様々な楽しいアトラクションもあり、皆さんの笑い声が溢れていました。

Text by TODA Keiko

ピリ辛きゅうりと山田さん

2018年10月期の連ドラ「僕らは奇跡でできている」遅ればせながら沢山の皆さまに観て頂いてありがとうございました。

私の役は主人公・一輝の家の住み込み家政婦・山田さん。後に母だと分かるのですが。料理上手で中でも一輝の大好物「ピリ辛きゅうり」はネットにレシピが載るほどでした。私ももちろん作りました!

ホームドラマではないけれど、私にとっては久々に家庭の匂いがありました。スタジオで食べる山田さんの料理の美味しいこと美味しいこと。いつも高橋一生さんと居残りで食べてました。(笑)

戸田恵子
戸田恵子

一生さんとは撮影の合間に色んなお話ができて楽しかったです。お互いに育てているグリーンのことや、舞台のこと、共通の知人も沢山いて、いつも話が尽きなかったです。

もう一人の家族、おじいちゃん役の田中泯さんともゆったりと素敵な時間が流れました。そして榮倉奈々ちゃんとは久しぶりの共演。実は元親子です。すっかりママになって、ここでも私はもうばあばです。(笑)

毎回の台本もイラストが可愛くて、ついつい他人に見せたくなります。

何といっても忘れられないことは、9月末に風邪をこじらせ声帯を痛めてしまったことです。生まれて初めてのことで自分でびっくり&ショック!!全く声が出ない時期を経て、ハスキーボイスになり、ご迷惑をお掛けしました。この時期連ドラ以外にもあちこち迷惑を掛けてしまいまして。

「切腹最中」を持って頭を下げて廻っておりました。切腹最中、たくさん買いましたねぇ。(笑)

戸田恵子
戸田恵子
戸田恵子

今だから話せますが、全く声がゼロの時、撮影スケジュールや相手役の方のスケジュールも有りで声が出ないまま撮影もしました。そして後から自分の声を自分に合わせて入れたシーンもありました。(泣)

本当にプロとしてお恥ずかしい限り。それでも皆さんに大変親切にして頂きまして心より感謝しております。
ドラマはとても好評でして、お陰様で私も久々に皆さんから役名で呼ばれてました。「山田さん、山田さん」って。(笑)

「ピリ辛きゅうりのレシピ教えてください」って。(笑)
ドラマは毎回、心に響く台詞があり、深い!!と思ってました。何より寝る前に「イーッ」と言って寝るのは良いことだと思っています。(笑)

ドラマもすごく面白かったです。色んな意味で思い出に残る作品となりました。ご支援ありがとうございました。

Page02. キネコ国際映画祭

ABOUT
TODA Keiko

愛知県出身、9月12日生まれ。NHK名古屋放送児童劇団に小学5年生から在籍し、『中学生群像』(『中学生日記』の前身) で女優デビュー。1973年に上京し、翌74年「あゆ朱美」の芸名でアイドル演歌歌手としてもデビューする。 その後、タレント活動中に声優・演出家の野沢那智より声をかけられ、77年に野沢主宰の劇団・薔薇座へ入団。本格的な演技を学び 始め、『スイート・チャリティ』『踊れ艦隊のレディたち』など数多くのミュージカルに出演、看板女優として活動する。 主演した『スイート・チャリティ』で芸術祭賞演劇部門賞を、また外部出演したミュージカル『ミュージックマン』で葦原英了賞を受賞。 薔薇座には89年まで在籍し、同年には舞台『渾・身・愛』で第24回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞。 79年に『機動戦士ガンダム』のマチルダ・アジャン役で本格的に声優としての活動をスタート。その後、アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』 (三作目)の鬼太郎、『キャッツ・アイ』の瞳、『きかんしゃトーマス』のトーマス、『それいけ!アンパンマン』のアンパンマン などの声で人気を集める。洋画の吹き替えも数多く手掛けジュリア・ロバーツ、ジョディ・フォスター、ビビアン・リーなどでよく知られている。 声優としての活躍が続いた後、97年には三谷幸喜脚本によるテレビドラマ『総理と呼ばないで』、同じく三谷幸喜脚本・監督の 映画『ラヂオの時間』に出演するなど、女優業を意欲的に展開。その他『クイール』『NINXNIN忍者ハットリくんTHE MOVIE』 『THE 有頂天ホテル』。『ラヂオの時間』では、日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞した。 以降も女優として、NHK朝の連続テレビ小説『ちゅらさん』『純情きらり』、NHK大河ドラマ『新撰組!』、 CX『ショムニ』『お水の花道』『天才柳沢教授の生活』『HR』などに出演。また舞台でも『温水夫妻』『You Are The Top』 『オケピ!』『なにわバタフライ』(共に三谷幸喜作・演出)、『歌わせたい男たち』(永井 愛作・演出)、 『星屑の町・東京砂漠編』(水谷龍二作・演出)、地球ゴージャス『HUMANITY』、『ザ・ヒットパレード ショウと私を愛した夫』 (鈴木 聡作・山田和也演出)など、同時代の劇作家によるオリジナル作品に多数出演。『なにわバタフライ』『歌わせたい男たち』 で、第5回朝日舞台芸術賞秋元松代賞、第13回読売演劇大賞最優秀女優賞を受賞した。 確かな歌唱と演技、その存在感は各界のクリエイターから評価され、世代を超えて観客からも支持を集めている。