BMW 8シリーズのオープンモデル デビュー|BMW

BMW 8シリーズのオープンモデル デビュー|BMW

CAR NEWS

BMW M850i xDrive Cabriolet|BMW M850iエックスドライブ カブリオレ

フラッグシップ オープン「8シリーズカブリオレ」デビュー

ビー・エム・ダブリューは2月19日、フラッグシップクーペである「8シリーズ クーペ」のオープンモデル、新型「8シリーズ カブリオレ」を発表し、同日から販売を開始するとした。

Texy By HARA Akira

50km/h以下なら15秒で開閉可能のソフトトップ採用

BMW「8シリーズ カブリオレ」は、2018年末に日本に上陸した最上級クーペ「8シリーズ クーペ」をベースにオープン化したもので、採用した電動式のソフトトップは、時速50km/hまでならわずか15秒で開閉が可能という。その形状は、美しいボディ造形を損なわないためになめらかな流線形を描くようなデザインとし、ルーフを閉じた状態でも上質で優雅なたたずまいを演出するよう設計されている。

ボディサイズは全長4,855×全幅1,900×全高1,345mm。ボディの内部構造材にカーボン素材、ボディパネルにアルミ材等を効果的に使用し、車両重量はクーペ比130kg増の2,120kgに抑えた。

搭載するエンジンは、クーペと同様の4.4リッターV型8気筒ガソリンターボで、最高出力530ps(390kW)/5,500-6,000rpm、最大トルク750Nm/1,800-4,600rpmを発生。ティプトロニック付の8段スポーツATと、無段階可変配分の四輪駆動システムxDriveにより、0-100km/h加速はクーペに0.2秒劣る3.9秒を実現している。足回りは、アクティブサスペンションに電子制御のアクティブスタビライザーを装着したアダプティブMサスペンション プロフェッショナルと、Mアクティブ ディファレンシャルを備えた万全のもので、コーナリング時の安定性と俊敏性が向上したという。

ルーフ以外のエクステリアデザインはクーペに準ずるもので、ひとつのフレームで縁取られたキドニーグリル、BMWレーザーヘッドライト、フロントホイール背後のボディサイド面につけた陰影、リアの駆動力を象徴する重量感あるシルエットなど、ラグジュアリーモデルらしいものになっている。

メリノ レザーシートを採用する2+2のインテリアは、オープンモデルらしくフロントシートのヘッドレスト下部に温風を吹き出すエアカラーを用意するほか、前後シートの間にウインドディフレクターが装備される。透明度が高いクリスタルの中に「8」の数字が浮かび上がるクラフテッド クリスタル フィニッシュのシフトノブ、BMWオペレーティングシステム 7.0を導入した10.25インチ コントロール ディスプレーと12.3インチ フルデジタル メーターパネル、アンビエントライトなどはクーペと同じ。トランク容量は280リッターを確保した。

運転支援システムも最先端で、アクティブ クルーズ コントロール(ストップ&ゴー機能付)、レーン チェンジ ウォーニング、ステアリング&レーン コントロール アシストなどとともに、パーキングアシスタントにはリバースアシスト機能を採用。車両が直前に前進したルートを最大で50メートルまで記憶し、同じルートをバックで正確に戻ることが可能になっている。これを使えば、日本に多く点在する細い道に迷い込んでも、安全かつ正確に元のルートに復帰できるという。価格は1,838万円となっている。

問い合わせ先

BMWiカスタマー・インタラクションセンター

0120-201-438(平日9:00-19:00、土日祝日9:00-18:00)