ランボルギーニ、ワンオフのスーパースポーツ「SC18」を公開|Lamborghini

ランボルギーニ、ワンオフのスーパースポーツ「SC18」を公開|Lamborghini

CAR NEWS

Lamborghini SC18|ランボルギーニSC18

ランボルギーニがワンオフモデル「SC18」を公開

ランボルギーニのモータースポーツ部門であるスクアドラ・コルセは、同部門初のワンオフ スーパースポーツモデル「SC18」を公開した。

Text by HARA Akira

サーキットでの使用を想定

ランボルギーニ「SC18」の特徴はサーキットでの使用を想定し、スクアドラ・コルセがレースで培った経験をもとにこのモデルのためだけに開発したエアロダイナミクスを採用した点だ。

その詳細は、フロントフードの「ウラカンGT3 EVO」を思わせるエアインテーク、サイドとリアの「ウラカン スーパートロフェオ EVO」に着想を得たフェンダー、フィン、エアスクープ、リアのサーキットで最適なダウンフォースを発生させる3段階調整機構付きカーボンファイバー製大型ウイング、耐久レースで冷却性能の向上に実績がある12のエアインテーク付きリアフードなどだ。

パワートレーンは、最高出力770ps/8,500rpm、最大トルク720Nm/6,750rpmを発生する自然吸気の6.5リッターV12エンジンと、ISR(インデペンデント シフティング ロッド)で最適化した7段トランスミッションの組み合わせ。最低値地上高は109mmに抑えられ、リアエキゾーストからは独特のサウンドを生み出すという。

超軽量素材とカーボンファイバー製のボディは、Grigio Daytonaという灰色に塗られ、赤のスクリーンプリントがスポーティさを強調。センターロック式のフロント20インチ、リア21インチホイールには特別に開発したピレリPゼロ コルサ タイヤを装着する。

インテリアは、Nero Adeの黒のアルカンターラに赤いRosso Alalaのクロスステッチを施した内装と、カーボンファイバー製バケットシートを採用。サーキット走行でのあらゆるパフォーマンスを計測するテレメトリーシステムを装備するが、公道走行も可能となっている。