ランボルギーニCEO、ステファノ・ドメニカリ氏にインタビュー|Lamborghini

Lamborghini|ランボルギーニCEO、ステファノ・ドメニカリ氏にインタビュー

CAR FEATURES

Lamborghini|ランボルギーニ

ステファノ・ドメニカリ CEOが語る、
ランボルギーニの今と将来

ニュルブルクリンク量産車最速タイムを記録した最新スーパースポーツモデル「アヴェンタドールSVJ」のアジアプレミアムを兼ねたイベント「ランボルギーニ デイ ジャパン2018」が11月21日、神奈川県横浜市の「横浜スーパーファクトリー」で開催された。発表会を終えたばかりのステファノ・ドメニカリ CEOにインタビューし、ランボルギーニブランドの今と将来について聞いた。

Text & Photographs by HARA Akira

今年は飛躍の年、将来もポジティブに捉えている

オーケイ!の一声でスタートしたステファノ・ドメニカリ CEOのインタビュー。スーパースポーツカー部門の現状と未来から話は始まった。

「ランボルギーニは今販売が絶好調。本当によくやっています。ベリーベリーグッド! そして将来のスーパースポーツカーブランドについてはとてもポジティブに捉えています。カーシェアリング構想を打ち出すトヨタやフォルクスワーゲンなどの量販ブランドと違い、我々のユーザーの意識は、スペシャルなプロダクト、スペシャルなドライビング、そして周りから見られたい、という要求のもと、ランボルギーニを購入なさるのです。そうした特別なブランドを買われるわけですから、ニッチ部門と言えるスーパースポーツカーの将来を考える上でも、とてもポジティブだと確信しています」

Lamborghini
Lamborghini

―― 2018年には日本で500台以上、世界でもたくさん売れています。特別なブランドを欲しがる方は、街中で同じクルマとすれ違うのを嫌がると思います。たくさん作ればいいというわけではないとすると、適正な台数はどれくらいでしょうか。

「ランボルギーニにとっては、ブランドの価値として“エクスクルーシブ”というものが、譲れない成功の鍵であると考えます。それを量的なバランスとどうとっていくか、いろいろな要因があります。例えば今年ローンチしたスーパーSUVの「ウルス」は、どれくらい成長するのかはまだわからない。見えていない部分があります。一方安定的な成長を見せているのが、「アヴェンタドール」や「ウラカン」などのスポーツカーです。

Lamborghini

ウルスについては来年は数字的にもフルに貢献してくれるはずで、そうなるとスーパーSUVがどの方向に行くのかハッキリします。それを鑑み、モニターしながら安定的成長を目指していきます。単にボリュームを追うのではなく、適切なバランスを取っていくのです。だいたい数年先には7,500〜8,000台を目指したい。それを達成したら新しいモデル(V12ハイブリッドモデル?)を導入し、それを持って将来的に1万台を達成できたらいいなと思っています。再び言いますが、エクスクルーシブは忘れてはいけません」

Page 2.日本というマーケットに対して敬意を払いたい