21世紀を生きる高感度な人たちにラグジュアリーカードがふさわしい理由とは?|LUXURY CARD

LUXURY CARD|21世紀を生きる高感度な人たちにラグジュアリーカードがふさわしい理由とは?

創業者スコット・ブラム氏のこだわりという大谷石を利用した日本オフィスのエントランスにて。登場いただいたのは岩瀬経営業務本部長。

LOUNGE FEATURES

LUXURY CARD|ラグジュアリーカード

サービス開始からわずか2年にして老舗富裕層向けカードと肩を並べる

ラグジュアリーカードがいまなぜ
日本の新富裕層にササッているのか?(1)

ラグジュアリーカードをあなたは知っていますか? 発行カードが金属製という斬新さと、これまでのプラチナカードにはない付帯サービスで、すでにネットやSNSでも頻繁に話題にのぼる存在。Mastercardの最高ランク「World Elite™ Mastercard®」が国内で唯一与えられていることからもラグジュアリーカードは間違いなく富裕層向けステータスカードなのですが、“お得感”で興味を引く、現在の主流プラチナカードとは一線を画しているようにも見えます。そのラグジュアリーカードの価値観とは、一体どこから生まれてきたものなのか。ラグジュアリーカード日本オフィスで経営業務本部長を務める岩瀬太郎氏に話をうかがいました。

Photographs by SUZUKI TakuyaText by TSUCHIDA Takashi

金属製カード、その質感はまさにプライスレス

――ラグジュアリーカードが発足した経緯を教えてください。

岩瀬 ラグジュアリーカードは、創業者スコット・ブラムが、2008年アメリカにて設立しました。米国有数のEコマース「Buy.com」(2010年に日本の楽天が買収)を立ち上げた彼が「自分で使いたいクレジットカードがない」と考え、自分で作ったというのが発足の経緯です。

――仮に富裕層向けカードで言えば、アメリカン・エキスプレスや、ダイナースがありますが、創業者はなぜ使いたいカードがない、欲しいカードがない、と感じられたのでしょう?

岩瀬 「他とは違う何か」を求める欲求を満たし、新しいライフスタイルをご提案できれば。これが発足の原動力だと思います。

実際、ラグジュアリーカードが登場するまでは、例えば「おふたりで食事に行くと、おひとり分が無料」「空港のラウンジが使用できる」など、クレジットカードのデファクトスタンダードが繰り返し、訴求されてきました。お客さまからのご要望もあるため、ラグジュアリーカードも同じサービスを提供しますが、それだけでは差別化にならない。“他の人と違う何かを持ちたい”という潜在ニーズに、答えるのがラグジュアリーカードです。

カードを金属製にしたのも、他とは違うこのカードを持つことを誇りに思い、その人の人生の一部をお支えするカードでありたい、という発想から生まれています。

――しかし、どうして金属製がいいのでしょうか?

岩瀬 実際に一度、金属製カードを手に持っていただくと実感いただけます。その重厚感を知ると、既存のプラスチック製カードがペラペラしているような、まるで子どものおもちゃのように感じるはず。本物を知る。本物を持つ喜びだと思います。

――他社のプレミアムカードも、金属製カードを出したと噂になってますね。

岩瀬 はい。これからもこの流れは拡大していくと思います。

ただしラグジュアリーカードは質感にこだわりを持っています。お客さまからも「より重厚感があって良いね」と、お声掛けいただいています。

――最近ではクレジットカードを出す機会が増え、他人の目からどう映るかというところも気になります。

岩瀬 そうですね。しかもカードは店舗スタッフに渡すものですから、その重量感も含めて他者にも伝わります。

また、このカードを持つことに誇りを感じていただけるようカードデザインにこだわっています。実際に、満足のいく仕上がりを実現させるまでに2年の歳月をかけました。カード製造に関わる46の特許を取得し、Mastercardロゴすべて1枚ずつ20分以上かけて削り出しています。刻印は専用機械による削り出しです。

――最上クラスのゴールドカードは、24金でコーティングしているそうですね。

GOLD CARD
ステンレススチールに24金コーティングを施した格別な存在感を宿すトップランクカード。招待制。本会員の年会費20万円(税別)

BLACK CARD
ステンレススチールにマットブラックコート。反射を抑えたアンダーステイトメントな印象が他社ブラックカードと圧倒的に異なる。本会員の年会費10万円(税別)

TITANIUM CARD
ステンレススチールにブラッシュド加工。美しいヘアライン仕上げが、ズシリと伝わるカードの重量感にさらなる深みを与える。本会員の年会費5万円(税別)

→カード機能の詳細はこちらへ

岩瀬 はい。NASA御用達、あのオスカー像を製造しているファクトリーに依頼して、コーティングを施しています。

――オール金属化により、ICチップはどうしているのでしょうか?

岩瀬 ICチップはレアメタルのパラジウムを使い、日本で唯一、最新小型化チップを搭載しています。もちろんセキュリティ対策も万全です。

――パッケージもユニークですね。封筒ではなく、カードがボックスで届くなんて。

岩瀬 第一印象を大切に考えています。届いた瞬間から、サプライズを楽しんでいただければ。スコット自身、アップルやエルメスの、プレミアム感を保ちつつもシンプルさを追求しているところに非常に共感していて、カードをお届けするボックスからモバイルアプリまで、シンプルで使いやすいというフィロソフィーを貫いています。

券面別に用意された送付用BOX。

大切なギフトのように、この形態で丁重に配送される。

Page02. 琴線に触れるようなコンシェルジュサービス