DesignerCon(デザイナーコン)開催直前インタビュー|MEDICOM TOY

MEDICOM TOY|DesignerCon(デザイナーコン)開催直前インタビュー

MEDICOM TOY|メディコム・トイ

MEDICOM TOY|メディコム・トイ

メディコム・トイ代表取締役社長
赤司竜彦さんに聞く(1)

世界中でカルチャー・イベントが盛り上がるなか、MEDICOM TOYがいよいよ海外に向けて積極的に発信していくことになりそうだ。2018年はまさに、その皮切りの年。本稿ではどのような経緯でイベント参加に至ったのか、どのようなイベントに参加していく予定なのかを赤司社長にうかがった。

Photographs by SUZUKI TakuyaText by SHINNO Kunihiko

2018年はMEDICOM TOYが海外イベントに多数参加

――前回「メディコム・トイ エキシビション ’18」についてうかがった際、今年の秋以降、アメリカ、中国で開催される大規模なカルチャー・イベントへの参加を示唆されていました。今回はそのお話をぜひ聞かせてください。

赤司 そもそものきっかけは今年の1月にフランス・パリで開催した「JUMBLE PARIS」というイベントに初めて参加したことでした。これはJUMBLE(ごちゃまぜ)という名前の通り、毎回テーマに即したさまざまなプロダクト商品を一堂に集めて紹介する合同展示会で、本当にたくさんのファッション関係者にMEDICOM TOY製品を見ていただくことができたんです。その手応えもあって6月の「JUMBLE PARIS」では田中秀幸さんと飯嶋久美子さんによる実験的ファッションプロジェクト「Noodle.」をローンチいたしました。

前回もお話しましたが、いま世界中でさまざまなカルチャー・イベントが盛り上がっていて、MEDICOM TOYにもお誘いをいただく機会が増えてきました。先方からの要望も「会場で販売する限定品を作ってほしい」「うちとコラボレーションできないか」など、さまざまなものがあります。

例えば、今年の10月6〜7日(現地時間)、アメリカ・ニューヨークで開催された「Hypefest(ハイプフェスト)」

これは2005年に香港でスタートし、いまや世界で最も影響力のあるメンズファッションメディアサイトのひとつとなった「Hypebeast(ハイプビースト)」が初めて開催する大型イベントです。

日本からはGirls Don’t Cry、sacaiを筆頭に話題のブランドが参加したほか、藤原ヒロシさんと「ポケットモンスター」のコラボレーションによるTHUNDERBOLT PROJECTの発表、大友克洋さんとコラージュアーティストの河村康輔さんによる「AKIRA」のウォールアートの展示などもあって広く注目を集めるイベントになりました。

「Hypebeast」が面白いのは、どこにも日和らない姿勢というか、自分たちがいいと思ったもの以外は絶対に取り上げないんです。そしてネガティブなことも平気で書く。キュレーター自体のファッション感度が非常に高いので、ここに書かれることは非常にステータスだと思いますし、そういった意味ではかなりウェブマガジンの中でもクラスの高いサイトですね。

そういう背景もあって「Hypefest」には世界中のエッジーなブランドがこぞって参加し、弊社もNEIGHBORHOOD(ネイバーフッド)と、ファレル・ウィリアムスのBillionaire Boys Club(ビリオネア・ボーイズ・クラブ)とのトリプルネームによるBE@RBRICKなどを製作しました。これまでもメディコム・トイの製品を好意的に紹介してくださった「Hypebeast」さんにお声掛けいただいたことを光栄に思います。

HypefestのTOPページ。

ComplexConのTOPページ。

ふたつ目は、11月3〜4日(現地時間)、カリフォルニア・ロングビーチでの「ComplexCon(コンプレックスコン)」です。

ファレル・ウィリアムスや村上隆さんらをキュレーターに迎え、2016年にスタートした「ポップカルチャー、音楽、芸術、食べ物、スタイル、スポーツ、革新、行動主義、教育を結びつける画期的なフェスティバル&エキシビジョン」で、昨年は2日間で3万5000人が来場し、ファレル率いるN.E.R.D.が3年ぶりのパフォーマンスを披露して話題になりました。

「ComplexCon」への参加は、今年のVIPチケット購入者にオリジナルデザインのBE@RBRICKを配布したいというお話をいただいたことから始まりました。こちらは西海岸ということもあって同じアメリカでも東海岸の「Hypefest」とは微妙に指向性が違うので、そこも面白いなと思いました。毎年ウェアやスニーカーなどのコラボモデルが注目されていますが、MEDICOM TOYも「BAIT」「Billionaire Boys Club」「X-LARGE」「J BALUIN」とのコラボレーションで「BE@RBRICK」を製作しました。

Mickey: The True Original ExhibitionのTOPページ。

INNERSECTのTOPページ。

――これから開催されるイベントではどういうものがあるんでしょうか?

赤司 11月8日~来年2月10日(現地時間)ニューヨークで開催されるミッキーマウス生誕90周年イベント「Mickey: The True Original Exhibition」に参加します。

これはキュレーターがBE@RBRICKとのコラボでもお世話になっているDRx Romanelli(ドクター・ロマネリ)なので、ひと味違う面白いものになると思います。

それから12月7日~9日(現地時間)、中国・上海で開催される「INNERSECT(インナーセクト)」

アジア圏からはこれまでものすごくいろいろなお誘いをいただいていたんですけれども、ひとつ出るとフォローしきれなくなる位にオファーの数が多いので、アジアのトイ系のイベントに関してはすべて現地のディストリビューターにお願いしていましたが、この「INNERSECT」は、エディソン・チャンがキュレーターなんです。彼との関係性は非常に長いので、信頼できるエディソンからのオファーであればということで、いま準備を進めているところです。

Page02. 「MEDICOM TOY EXHIBITION ’18」をそのまま持ってきてほしい