スイス勢最後のビッグブランド「チューダー」が、待望の日本正式上陸|TUDOR

TUDOR|スイス勢最後のビッグブランド「チューダー」が、待望の日本正式上陸

WATCH&JEWELRY FEATURES

TUDOR|チューダー

ロレックスのDNAを、BEEFYスタイルで。

満を持して、やってきたスイス勢最後の
ビッグブランドTUDORチューダー(1)

すでに鉄壁の存在感を示しているTUDORですが、バーゼルワールド会場にて例年、TUDORの新作を目にするたびに、このブランドが日本に入ってくるのは時間の問題と思っていました。圧倒的に出来が良くて、コスパがいい。アメリカ、イタリア、イギリス、ドイツ、香港など主要な時計市場において、すでに高い評価を得ている通り、腕時計の本質にカブリつくのにぴったりのブランドだからです。

Photographs by OKAMURA Masahiro(CROSSOVER)Text by TSUCHIDA Takashi

熟成された赤身肉のように、機械式腕時計の本質をそのままに

02
03
04_m79250bm-0000_brown_fabric_beige_f_xl_rvb
07_3a_M79580-0003_blue_95780_FF
05
06

日本ではアンティークウオッチを通じてブランドが認知されていった背景があるから、ちょっと戸惑うかもしれませんが……、元サッカー選手のデビッド・ベッカム氏、音楽家のレディー・ガガさんらが、現在のTUDORのアンバサダーを務めています。この人選、シブいなぁ。人生に自分のスタイルを持った大人たち。最高です。

ちなみに日本正式上陸のタイミングで、カナ表記は「チューダー」に統一されました。ブランド命名に当たり、イギリスの薔薇の紋章の王家“チューダー朝”がオマージュされたエピソードに紐づくものです。

1920年代から‘30年代にかけ、ROLEXはすでにオイスターケース(防水ケース)やオイスターパーペチュアル(自動巻きムーブメント)の開発で、世界でも抜きん出た腕時計ブランドとなっていましたが、英国人により馴染みのあるTUDORおよびバラの紋章ロゴを活用することで、さらなる人気を獲得しようと試みました。このマーケティングは成功、さらに時代のニーズと呼応して、チューダーブランドに、ROLEXとは異なる息吹が与えられるようになります。

「私は何年もの間、ロレックスの技術と信頼をもって
確固たる品質と先駆性を備えた腕時計を創りたいと思ってきた。
その価値ある新しい腕時計を製造・販売するために
私は新たに『チューダー ウォッチ カンパニー』という会社を
立ち上げることにした。」(1946年3月6日)

上記はROLEXおよびTUDORの創立者、ハンス・ウイルスドルフ氏の言葉です。そして、この宣言以来、TUDORは独自色を帯びていきました。

耐久性の高い腕時計を、気取らぬスタイルで。その意図は1950年代の広告キャンペーンからも伝わります。

08_tudor_oyster_prince_ad_1954
09_tudor_oyster_prince-_ad_1955

左/1954年のキャンペーン広告。オイスタープリンスケースに守られたTUDORの自動巻き時計は、振動・衝撃からしっかりと守られることを訴求している。右/1955年のキャンペーン広告。29時間かけて、1000マイルをラフ走行するモナコの国際モーターバイク競技でもTUDORの自動巻き時計は振動に耐え、正確な時を刻み続けることを訴求している。

1950年代は、機械式腕時計があらゆる人々に行き渡っていく時代でした。ROLEX譲りの品質を持つTUDORの腕時計は正確かつ信頼性が厚く、建築技師やバイク操縦士が腕にしても、その振動に耐え、防塵性に富む耐久ケースを持っていました。

Page02. ブランドの個性となるまでに洗練されたデザイン哲学