非日常をドラマチックに。クルーズ旅の目的は”美食”で決まり!|OCEANIACRUISES

OCEANIACRUISES|非日常をドラマチックに。クルーズ旅の目的は

LOUNGE TRAVEL

OCEANIACRUISES|オーシャニアクルーズ

とびきりの「非日常」を体感できる、クルーズ旅へ

楽ちんで快適で美味しい! いまクルーズ旅が面白い。
グルメ客船で行く、クルーズ旅は「天国」でした(1)

「クルーズ(船旅)」と聞いて、どんな印象を抱くだろうか。ほんの少し前まで、日本では「リタイア後のお金持ちの旅のスタイル」と考えられていた、クルーズのイメージは、ここ最近、変わりつつある。世界的なクルーズ人気を受け、豪華客船からカジュアル船までバリエーションも年々多彩になっている。日本発着クルーズや「クルーズ船で旅をする日本人」の数も右肩あがりだ。

Text by HASEGAWA Aya

クルーズは限られた人のための旅のスタイルじゃない!

国土交通省によれば、2017年の日本人のクルーズ人口は過去最多の31.5万人を記録。日本の港湾へのクルーズ船の寄港回数は前年比37%増の2764回となり、こちらも過去最高を記録した。この6月には、JTBが、ホテル不足が予想される2020年の東京五輪期間中、横浜港に停泊する大型クルーズ船をチャーターし、ホテルとして活用すると発表。約1000室で延べ3万6000人の宿泊を見込んでいる。

20_no-texika_openers
25_no-texika_openers
03_no-texika_openers
44_no-texika_openers

そうはいっても興味のない人は、「クルーズって何が面白いの?」「船の中って退屈しないの?」と疑問を抱くのではないだろうか。僭越ながら数年前に初めてクルーズ旅を経験した筆者からひとこと言わせていただけば、船の中は全然ヒマじゃない、むしろ忙しい(後述します)!

そして、「高額」というイメージのお値段だが、日本が誇る豪華客船「飛鳥」のように、世界一周ウン百万円というラグジュアリークルーズもあるが、船のLCCと言われる、1泊当たり1万円を切るカジュアル船もある。しかもその価格には、食事代と船内のプールやジャグジーなどの施設利用費、映画やショー、音楽の生演奏などのエンターテイメント代、目的地までの移動費が含まれている。クルーズは、いったん乗船すれば荷物の移動は不要。寝ている間に次の寄港地へ着いてしまうし、寄港地では重たい荷物は船に置いて身軽に観光が楽しめるのだ。

抜群のリピーター率を誇る「オーシャニア クルーズ」って?

クルーズ船はいわば「動くホテル」。ホテル同様、個性やグレードはそれぞれ異なる。聞いたところによると、クルーズファンは、お気に入りのクルーズ会社を持っているのだとか。旅行期間、航路など、年々選択肢も増えている。そんな百花繚乱のクルーズ船のなかで、オウプナーズ読者におすすめしたいのが、今回紹介する「オーシャニア クルーズ」だ。

オーシャニア クルーズは2002年に設立した比較的新しいクルーズ会社だが、抜群のリピーター率を誇る。寄港地はアラスカ、カリブ海、カナダやヨーロッパ、アジア、南太平洋など多岐にわたり、7~14日間程度のものを中心に長期間のクルーズも用意している。なによりリピーターたちをひきつけているのは、そのホスピタリティーと食事の美味しさだ。クルーズ好きの間では、「美食の船」とも呼ばれている。

オーシャニア クルーズは6隻の客船を運航しているが、今回、乗船したのは、総トン数3万277トン(全長約181メートル、684人収容)の「ノーティカ号」だ。巨大ホテルを思わせる15万トンを超える船も珍しくない昨今では小ぶりな部類に入るが、船首のシルエットが曲線で構成され、なんともエレガント。船内の装飾も洗練されている。船内には生花が配され、至るところに絵画も飾られていた。なかには「え、これってピカソ?」という絵画も。スタッフに聞いてみたところ、正真正銘のピカソ! オーナーのコレクションらしい。美術館のような船内で寝泊まりできるなんてセレブのよう(うっとり)。

05_no-texika_openers
13_no-texika_openers

Page02. 多くのクルーズファンが認める「美食の船」