新型ベントレー・コンチネンタルGTに試乗|Bentley

Bentley|新型ベントレー・コンチネンタルGTに試乗

CAR IMPRESSIONS

Bentley Continental GT|ベントレー・コンチネンタルGT

ベントレーの歴史にその名を残すGT

2017年9月のフランクフルトモーターショーでデビューし、12月には日本でも発表された 3代目ベントレー「コンチネンタルGT」。4WDシステムやサスペンション、そしてプラットフォームにいたるまで大幅に進化した同モデルに、モータージャーナリストの大谷達也氏が試乗した。

Text by OTANI Tatsuya

ワインディングロードでの機敏な走りは、2代目までとはまったくの別物

新型ベントレー「コンチネンタルGT」でオーストリアのハイウェイを穏やかに流す。

静謐なキャビン、なめらかな乗り心地、贅の限りを尽くした素材で覆われたインテリア……。そんな空間に身を置き、ゆったりとした気分でステアリングを操っていると、2、3時間ほど前までこの同じステアリングを握ってアルプスの山並みを走り抜けていたことが信じられない気分になってくる。

Bentley-Continental-GT---Orange-Flame---8

6.0リッターW12ターボエンジンとフルタイム4WDを組み合わせ、豪華な4シーターボディを優雅に走らせるというコンチネンタルGTの成り立ちは、3代目になってもまったく変わらない。おかげで、これまでと同じように高速道路では余裕たっぷりにクルージングできる。しかし、ワインディングロードで見せたその機敏な走りは、2代目までのコンチネンタルGTとはまったくの別物だった。

ヨーロッパ大陸を越えて走り続けるグランドツアラーとして生み出されたコンチネンタルGTは、高速走行時に安定した姿勢を保つことを目的とした足回りが極めて強靱なため、コーナリング時にもドライバーの意図を正確にくみ取って力強い走りを示してくれる。ただし、ステアリング特性としては安定志向が強く、スポーツカーのようにヒラリヒラリとノーズの向きを変えられるとは限らなかった。

Bentley-Continental-GT---Orange-Flame---13

ところが3代目コンチネンタルGTは、指先のちょっとした動きにもノーズが軽快に反応し、意のままにワインディングロードを駆け抜けることができる。ドライバーに無上の喜びをもたらすそのコーナリングは、従来スポーツカーだけに許された特権というべきものだが、新型コンチネンタルGTは圧倒的な高速クルージング性能をなに一つ損なうことなく、スポーツカーと見紛うようなシャープなハンドリングを手に入れたのである。