新型ベントレー コンチネンタルGTが日本上陸|Bentley

新型ベントレー コンチネンタルGTが日本上陸|Bentley

CAR NEWS

Bentley Continental GT|ベントレー コンチネンタルGT

新型ベントレー コンチネンタルGTが日本上陸

ベントレー モーターズ ジャパンは、フランクフルトモーターショー2017でデビューした3代目「コンチネンタルGT」を日本でもローンチした。価格は2,530万円からで、デリバリー開始は2018年の第3四半期の予定だ。

Text & Photographs by UCHIDA Shunichi

大きくイメージを変えたフロント周り

2015年3月に開催されたジュネーブショーでお披露目されたコンセプトカー、ベントレー「EXP 10 Speed 6」。このモデルが新型「コンチネンタルGT」のエクステリアデザインの源となっている。戦闘機や現代的な建築物など、精緻で力強い印象を与えるような造形からヒントを得ており、ボディのなめらかさなどの部分もそのモチーフが反映されている。

フロントグリルは先代よりも低くなり、よりロー&ワイドな印象になった。その左右に配されるヘッドランプは、LEDマトリクス技術を使い、 ヨーロッパの高級クリスタルカットグラスをイメージしてデザインされた。

Bentley Continental GT|ベントレー コンチネンタルGT 007
Bentley Continental GT|ベントレー コンチネンタルGT 012

同様に、リアコンビネーションランプもLEDのマトリクス技術を採用。ベントレーのリアコンビネーションランプはこれまでも楕円形をモチーフとしてきており、新型でも踏襲されている。

大きく変わったのはフロントアクスルの位置。Aピラーの付け根から垂直に地面に引いた線からフロントホイールまでの距離が先代より135mm長くなっており、その分だけフロントアクスルが前に出ているのだ。この部分が長くなることで、エレガントさが強調されるとともに、フロントオーバーハングが短くなったのと相まって、スポーティさを演出している。さらに、タイヤが四隅に配置され、ロングホイールベースとすることで乗り心地もよくなった。また、エンジンの位置を若干後ろにできるため、重量配分も改善しており、ハンドリング面にもメリットがある。

Bentley Continental GT|ベントレー コンチネンタルGT 008
Bentley Continental GT|ベントレー コンチネンタルGT 014

ボディはトランク以外すべてアルミに

サイドビューを見ると、初代、2代目と同様、1953年にデビューした「Rタイプ コンチネンタル」のモチーフが随所に見られる。例えば、フロントフェンダーからドアにかかるパワーラインと呼ばれているラインや、リアフェンダーにかかるハウンジラインという伝統的なラインなどで、なだらかなルーフラインもRタイプ コンチネンタルから受け継がれた。

ボディ全体では、先代のコンチネンタルGTなどはドア部分がスチールであったが、新型ではトランクリッド以外はすべてアルミ製になった。これにより、85kgの軽量化に成功。ちなみに、トランクリッドにはアンテナを配しており、その電波の妨げにならないようコンポジットを使用したのだという。

また、これまでベントレーではフェンダーに用いてきたスーパーフォーミング加工を、ボディサイド全体で施した。これにより、シャープさが際立ち、デザイナーのイメージをより具体的に表現できるようになったという。この加工法はアルミニウムを500度まで加熱し正確に成型するもので、航空機などに用いられている技術。ボディサイド全体を加工したのは史上初のプロダクションモデルだという。