ドコモだけで体感できるスマホの域を超えた「HUAWEI P20 Pro」カメラ体験|HUAWEI

HUAWEI |ドコモだけで体感できるスマホの域を超えた「HUAWEI P20 Pro」カメラ体験

DESIGN DIGITAL

HUAWEI|ファーウェイ sponsored by ファーウェイ・ジャパン

FPM田中知之氏(1)

従来のスマートフォンカメラの域を超えたファーウェイのハイエンドモデル「HUAWEI P20 Pro」が、2018年6月15日にドコモから発売された。特徴としては、ライカトリプルカメラを搭載して、AIアシストが付いている点。注目したいのが、そのスペックだ。本体背面には4000万画素RGBレンズ、2000万画素モノクロレンズ、800万画素3倍望遠レンズの3つのレンズの配置されている。ISO感度は102400と全てにおいてデジタル一眼レフ並みで、暗い場所でも明るく撮れる。

百聞は一見にしかず。ライカオーナーでありライカレンズの見識が深いDJ/プロデューサーのFPM田中知之氏に本機を使いこなしてもらい、レンズの印象を伺った。

Photographs by NAGAO MasashiText by MOROOKA YusukeSponsored by ファーウェイ・ジャパン

ライカから受け継がれたこだわり

「ライカが監修したカメラだけあって、写真の仕上がりは抜群です。またスマホだから早いし、手軽。M型ライカは、綺麗に撮るまでにプロセスがあるため、ここまで素早くまとまった写真を撮るのは難しい。Qも広角レンズ固定のフルサイズコンパクトなので機動力があって綺麗な写真は撮れますが、ズームがあるのと無いのでは画角の幅が変わるためHUAWEI P20 Proの利点は大きいと思いますね」

ライカ愛好家の田中氏は、普段使うライカカメラの良さとHUAWEI P20 Proの利点を引き合いに出しながら説明してくれた。当然本格的な写真はライカカメラで撮れるが、完成度の高い写真を撮るためには設定やスキルが必要で気軽さは望めない。しかし、田中氏が今回特に気に入っている写真は、気軽に撮った「街路樹の下の女性」や「夜の街に差す光」であった。そんな写真の中にライカらしさがあったのだと田中氏は語ってくれた。

t_IMG_20180520_151456

<作例1>
ISO:50
シャッタースピード:1/2985s
絞り値:1.6
EV:0
焦点距離:27mm(35mmの焦点距離フィルムと同等)

t_IMG_20180520_200218

<作例2>
ISO:6400
シャッタースピード:1/437s
絞り値:1.6
EV:0
焦点距離:27mm(35mmの焦点距離フィルムと同等)

「ライカらしいなと感じたのは、光と影の繊細な描写。何気なく撮った写真も階調がどこまでも美しく撮れました」

モノクロレンズの描写の美しさは、「HUAWEI P20 Pro」のカメラが世界的に高く評価されている理由の一つだ。さらにボケ味にもライカのこだわりを感じたという。

t_IMG_20180526_165737

<作例3>
ISO:320
シャッタースピード:1/25s
絞り値:4
EV:0
焦点距離:27mm(35mmの焦点距離フィルムと同等)

t_IMG_20180529_144509

<作例3>
ISO:320
シャッタースピード:1/25s
絞り値:4
EV:0
焦点距離:27mm(35mmの焦点距離フィルムと同等)

「M型ライカにズミルックスを付けて撮ると被写体が切り抜きみたいに撮れますが、<作例3>のワインボトルの写真も二面構成みたいに撮れています。ただのワインボトルを撮っただけなのに、ここまで主張する写真になるのはレンズの力です。キリッとした描写にもライカらしさを感じますね」

別の日に寿司屋で撮って頂いたイカの握りも、しずる感を出しながら背景は、綺麗なボケ味を出していた。特にボケ味で田中氏が注目したのが、光が満ちて、背景が抜けたロケーションで撮ったポートレート。

t_IMG_20180603_164215

<作例5>
ISO:50
シャッタースピード:1/591s
絞り値:1.8
EV:0
焦点距離:27mm(35mmの焦点距離フィルムと同等)

t_IMG_20180603_162611

<作例6>
ISO:50
シャッタースピード:1/303s
絞り値:1.8
EV:0
焦点距離:44mm(35mmの焦点距離フィルムと同等)

t_IMG_20180603_165040

<作例6>
ISO:50
シャッタースピード:1/303s
絞り値:1.8
EV:0
焦点距離:44mm(35mmの焦点距離フィルムと同等)

「<作例5>のポートレート写真はボケ味が凄すぎて言葉もない。写真館の写真みたいだと思いました」人物を撮る場面では、本機に搭載されたAI機能により撮影モードが「ポートレート」モードとなり、人を撮るための最適な設定が自動で行われて、作例のようなプロ並みの写真が撮れる。さらにわざと逆光にレンズを向けて撮った写真にも氏は驚きを隠せない。

「<作例7>では太陽からの光が眩しくて目を開けてられないシチュエーションでカメラを試したのですが、ハレーションは出ているけれど影まで撮れている。普通なら白とびする場面なはずです。その時に、これはスマホカメラの域を完全に超えているなと感じました」

Page02. スマホの域を超えたズーム力