100年の眠りから覚めたブランドが放つミニマルな新作ウオッチ|Carl Suchy & Söhne

Carl Suchy & Söhne|100年の眠りから覚めたブランドが放つミニマルな新作ウオッチ

Watch & Jewelry NEWS

Carl Suchy & Söhne|カール・スッキー&ゾーネ

伝説のブランド、カール・スッキー&ゾーネの
ミニマルかつエレガントな「ワルツNo.1」

オーストリア・ウィーン発の腕時計ブランド「カール・スッキー&ゾーネ」が、アイコンウオッチとなる「WALTZ(ワルツ) No.1セカンド・シリーズ」とともに日本初上陸を果たした。

Text by YANAKA Tomomi

ワルツのように回転して時を伝える美しいギョーシェダイアル

1796年、プラハに生まれ、ハプスブルグ家のお抱え時計師であったカール・スッキーにより1822年に誕生した「カール・スッキー&ゾーネ」。

カール・スッキーとその息子たちはオーストリア皇帝や皇后に仕える宮廷時計師としても活躍し、ブランドは1914年に休眠するまでの92年間、オーストリア唯一のラグジュアリーブランドとしてその名を知らしめた。

一世紀余りの時を経て復活を果たしたのは2016年。

ブランドのユニークな歴史と最先端かつコンテンポラリーなデザインを引き継ぎ、ウィーンのモダニズムを受け継ぐミニマルかつエレガントな22本限定の「ワルツ No.1ファースト・シリーズ」を完成させた。

4_Söhne_OPENERS

カール・スッキー肖像画。

世界的に有名なウィーンの建築家アドルフ・ロースを称える「ワルツ No.1」のシグネチャーは、ダイアル上に表現された緻密なギョーシェ・パターン。ダイアル縦横のピンストライプと同様の装飾が6時位置の“ワルツィング・ディスク”にも施され、ディスクは1分間に一回転。したがって縦横のピンストライプは1分間に一度、一致する。

またマイクロローターがセットされたヴォーシェ・マニファクチュール・フルーリエ社製の自動巻き薄型ムーブメントもサファイアクリスタル製のケースバックを通して見ることができる。

9_Söhne_OPENERS

8_Söhne_OPENERS
10_Söhne_OPENERS

今回、日本に初上陸するのは、50本限定のセカンド・シリーズ。内訳はブラックまたはホワイトを基調とした45本と、ブランド初のブルーダイアルを備えた「ブルー・ダニューブ」5本だ。ウィンナーワルツのような優美な円舞と、急ぐことなく流れる時を愉しもうとするウィーンのカフェ文化を表した「ワルツ No.1」。スイスとは異なる、ミニマルな洗練に酔いしれたい。

1_Söhne_OPENERS
2_Söhne_OPENERS
3_Söhne_OPENERS

ワルツ No.1セカンド・シリーズ

ムーブメント|自動巻き
パワーリザーブ|約48時間
ケース素材|SS
ケース径|41.5mm
防水|3気圧
価格|各120万円(税別)
限定数|ブラックまたはホワイトダイアルを基調とした45本
    ブルー・ダニューブ5本

問い合わせ先

ノーブルスタイリングギャラリー

Tel.03-6277-1600

http://www.noblestyling.com