メルセデス・ベンツ「Gクラス」の新型を発表|Mercedes-Benz

メルセデス・ベンツ「Gクラス」の新型を発表|Mercedes-Benz

CAR NEWS

Mercedes-Benz G Class|メルセデス・ベンツ Gクラス

Mercedes-AMG G 63|メルセデスAMG G 63

メルセデス・ベンツ「Gクラス」の新型を発表

メルセデス・ベンツ日本はオフローダーモデル「Gクラス」の新型を発表し、注文受付を開始した。納車は8月下旬以降を予定している。

Text & Photographs by UCHIDA Shunichi

まずは2モデル導入

日本に導入されるのは「G 550」とメルセデスAMG「G 63」(以下G 63)の2モデルで、どちらも4リッターV型8気筒直噴ツインターボエンジンを搭載。

G 550のM176型エンジンは、最高出力422ps、最大トルクは610Nmで気筒休止システムを採用。G 63のM177型は585ps、850Nmを発生し、先代よりプラス14ps、プラス+90Nmとなる。

019_mb_gclass
004_mb_gclass

2基のターボチャージャーはV型シリンダーバンクの外側ではなく内側に配置するホットインサイドVレイアウトとし、エンジンを可能な限りコンパクトにするとともに、ターボチャージャーへの吸排気経路を最適化することで、優れたレスポンスを実現している。

なお、ディーゼルエンジンに関しては、市場の状況を踏まえながら導入を検討していくという。

3ヵ所以外はすべて新デザイン

先代同様スクエアなボディはドアハンドル、リア スペアタイヤ カバー、ヘッドライトウォッシャーの3点以外はすべて新たに設計された。しかし、サイドのプロテクションモールやスペアタイヤ、ドアヒンジやフェンダー上のウインカーなどGクラスの特徴を余すところなく表現している。

特にウインカーは突起物として歩行者保護の観点から採用を見合わせる案もあったが、Gクラスのアイコンとして必要と判断し、実際に衝撃が加わると、内側に落ち込むように設計された。また、ウインドウ周りはこれまでの印象を踏襲しながらも、リアを除いて曲面ガラスを採用し、空気抵抗を低減させ燃費向上の一助としている。

013_mb_gclass
012_mb_gclass

今回の改良により、ボディサイズは、従来モデルと比べ全長が4,817mm(+53mm)、全幅が1,931mm(+64mm)と拡大。これに伴い、後席のレッグルームは150mm拡大した。

このデザインについて、ダイムラー社商品企画でGクラスの責任者ミヒャエル・ベルンハルト氏は、

「チャールズ・ダーウィンは、種の成功というのは強い遺伝子だけでなく、周りの環境に適用、順応する能力にも依存するといっています。その良い例がワニではないでしょうか。ワニは何百万年という間、自分たちを周りの環境に適合させてきました。しかし同時にそのワニの基本的な“デザイン”はほとんど変わっていません。そういったことは我々のGクラスも同じなのです」とコメントした。