アストン・マーティン「ヴァンテージV600」が復活|Aston Martin

アストンマーティン「ヴァンテージV600」が復活|Aston Martin

CAR NEWS

Aston Martin V12 Vantage V600|アストンマーティン V12ヴァンテージ V600

アストンマーティン「ヴァンテージV600」が復活

アストンマーティンは5月9日、1998年に登場したオリジナルの「ヴァンテージV600」からインスピレーションを得たリミテッド エディション「V12ヴァンテージV600」を発表した。生産台数はわずか14台。現在オーダーを受付け中で、2018年第3四半期から納車を開始するという。

Text by HARA Akira

600psの自然吸気V12エンジンと7段MTの組み合わせ

オリジナルとなる「ヴァンテージV600」は、600psを発生する5.3リッターV8ツインスーパーチャージド エンジンを搭載し、デビューした1998年では最もパワフルなスポーツカー(カーオブエクストリームズ)の1台としてランクされた伝説のモデル。

それから20年を経て発表された今回の「V12ヴァンテージV600」は、先代モデルの“VHプラットフォーム”ヴァンテージをベースとし、同社のパーソナライゼーションサービス部門である「Q by Aston Martin」が製作を担当。その名称から「トリプルV」と呼ばれる新型は、わずか14台のみが手作業で製造され、内訳はクーペとロードスターが各7台という。

パワートレーンは、自然吸気6.0リッターV型12気筒エンジンのアップグレードバージョンで、最高出力は600ps。トランスミッションは7段マニュアル式となる。サスペンションは前後ともに独立懸架式のダブルウィッシュボーンで、洗練された乗り心地を実現するため3ステージアダプティブダンピングを組み合わせている。

s_002_aston_vantageV12
s_005_aston_vantageV12

エクステリアはフルカーボンファイバー製で、90年代モデルと同様にスタイリングを変更したサイドストレーキ、パワーバルジを備えたボンネット、ダークカラーのフロントグリル、カーボン製ディフューザー、4本出しエキゾーストシステムなどを採用。さらに機械加工されたセンターロック式鍛造アルミニウムホイールを装着し、アグレッシブさが強調されている。

また、インテリアでは、カーボンファイバーやダークアルマイト仕上げのアルミニウムを多用。穿孔パターンの軽量シート、カーボン製センターコンソール、削り出しシフトレバー、ドライバーインフォメーションのダイヤルスイッチなど、専用品が数多く奢られている。

アストンマーティン バイスプレジデント兼チーフクリエイティブオフィサーのマレク・ライヒマン氏は「これこそが、Q by Aston Martin-Commissionサービスを立ち上げた理由です。このサービスにより、真のビスポークスポーツカーを創り上げることができます。V600は、アストンマーティンの歴史にその名を残すクラシックモデルであり、今回V12 Vantage V600として復活することを誇りに思います」とコメントした。