“The future of…”のタイトルに15分間で各々が答えたこととは?|NellyRodi™

NellyRodi™ |“The future of...”のタイトルに15分間で各々が答えたこととは?

LOUNGE NEWS

NellyRodi™|ネリーロディ

4組のクリエイターが語る「THE CREATIVE JOURNEY」(1)

1985年、パリで創業したコンサルティング会社「NellyRodi™」。イノベーション及びクリエーション部門で高い評価を得て、東京やニューヨークにも拠点を置きグローバルに展開している。そして今春、パリ本社のコンシューマートレンドディレクターが来日するタイミングに合わせて、「THE CREATIVE JOURNEY」と題したトークイベントが渋谷の100BANCHで開催された。アート、まちづくり、インテリアデザイン、ビューティと各ジャンルで活躍するクリエイターに与えられたお題は“The future of…”。15分という限られた時間内で、彼らは何を語るのか。

Photographs by EMORI Yasuyuki Text by MURATA Naoko

NellyRodiによる2019-2020年の未来展望

「THE CREATIVE JOURNEY」の会場となったのは、昨年夏にオープンした渋谷川沿いにある100BANCHの3階。ここは今年創業100周年を迎えるパナソニックが、未来を担う若い世代とともに次の100年につながる新しい価値の創造を目指すために新設したコラボレーションスペースだ。
nellyrodi_012
パナソニックとロフトワークス、カフェ・カンパニーの3社によって開設したこの複合施設の紹介やここを拠点に活動しているプロジェクトメンバーのレポート発表の後に、NellyRodi PARISコンシューマートレンドディレクターのヴァンサン・グレゴワール氏が登壇した。

ヴァンサン・グレゴワール
NellyRodiではカテゴリーに分けて年2回、もしくは年刊でトレンドブックを出版していますが、2019〜20年のライフスタイルと消費者動向について簡単にご紹介します。10のメガトレンドが挙げられますが、なかでも4つのメガトレンドの比重を大小にミックスさせて形成すると、4つの新しいプロファイルが浮かび上がってきます。

一つは良質でシンプル、環境に優しく最新のテクノロジーで作られたナチュラルでモダンなテイスト。過多ではない植物的な癒しのある世界観。オーガニックのコスメブランドや自然を取り込むのではなく自然に溶け込むような建築デザインなど多岐のジャンルでより顕著に広がっていくでしょう。

次に挙げられるのは、非現実的でありながらも無機質ではない夢のある世界観です。浮遊感や虹色のようなカラーデザインで、例えばチームラボの作品などは分かりやすい例と言えます。この要素はすでにファッションにも取り入れられている傾向があります。

三つめはメッセージ性の強い、スーパーヒーローの要素です。人工的で近未来的なイメージがあり、自分自身の限界を越えようとする強い意志が感じられる世界感です。ヨガのような柔らかさではなく、最先端の暗闇ボクシングフィットネスのようと言えばイメージしやすいでしょうか。戦士のようなパワフルさはメッセージそのものをデザインしているファッションにも見受けられます。

nellyrodi_002

そして最後は、まだ善悪の区別がつかない赤子のような無垢な心が生み出す多幸感溢れる世界観です。品の良し悪しは関係なく、一見すると怖さやクレイジーさを感じることもあるかもしれません。この世界観はミレニアル世代(1980年代から2000年代生まれのデジタルネイティブ世代を指す)が牽引しており、SNSですぐに拡散される楽しさがあります。

63ページに及ぶ膨大なビジュアルイメージとともに紹介されたヴァンサン・グレゴワール氏のプレゼンテーション。NellyRodiでは4大陸18カ国の販売代理店の国際ネットワークを使って、このような未来展望のニュアンスやイメージを視覚的にまとめたトレンドブックを発行しており、この日のイベント参加者からもトレンドブックの購入法などがよく聞かれた。

自然派ビューティブランドDAMDAMの創造のキーワード

ヴァンサン・グレゴワール氏のトーク後は、NellyRodi JAPONのピケ・ブノワ氏が今回のイベントのために声を掛けたクリエイター4組がゲストとして登場。2017年秋からスタートした自然派スキンケアブランド「DAMDAM」の創設者、ジゼル・ゴー氏とフィリップ・テリアン氏がトップを飾った。

ジゼル・ゴー
DAMDAMは私の母国語でもあるタガログ語で“感情、感覚”を意味し、アジア原産自然素材のスキンケアアイテムを展開しています。開発に約2年をかけ、化学物質は使わず、最新のクリーンテクノロジーによって植物由来の原材料の良さを最大限に引き出しています。製造は全て日本で行い、アイテムは全部で5種を展開。肌への負担を考慮したシンプルなラインナップです。

DAMDAMもそうですが、ビューティートレンドとしてまずは原材料の透明性が挙げられます。食と同じように肌に取り入れる、触れるものは安全・安心なものがより求められていて、例えば“ビーガンスキンケア”というキーワードはアメリカのGoogle検索で見ると前年比83%もアップ。このような傾向はアメリカやヨーロッパでは一般的で、よりグローバルに広がっています。

フィリップ・テリアン
そしてビューティ界では、私たちのような小さな独立系ブランドの登場が顕著です。最新の科学や技術を使い現代的な美学や物語を持って誕生したアイテムは、自分のライフスタイルに呼応するブランドを探し求めていた消費者にマッチしています。これは特に若い消費者に多く、またソーシャルメディアの影響もあり彼らの能動的で積極的な発見や消費行動に強く結びついています。

nellyrodi_006

ジゼル・ゴー
都市生活からの精神的な休息として、東洋のミニマリズムやピュアさ、禅の精神などに世界の消費者が惹かれている傾向があります。韓国美容が急速に伸びていますが、より安心・安全なものを求める人々は多く日本ブランドは2020年の東京オリンピックまでさらに成長するのではないでしょうか。

そして性別ではなく価値観やライフスタイルを大切に展開するブランドは世界的に注目されていくでしょう。

アメリカ、フランス、日本でも男性用スキンケアのGoogle検索は増えており、製品のニュアンスや使用感での検索も多いです。このようにストーリーのあるものづくりで展開している独立系の美容ブランドは、流通経路の再考もポイントです。

DAMDAMも都内のセレクトショップや海外のラグジュアリーデザイナーズホテルなどで販売していますが、個人の嗜好やライフスタイルに合った場所で購入できるようにすることが、届けたい人たちに手にとってもらえる最短の方法です。

これらのトレンドをより意識しつつ、忙しい日々のなか、スキンケアが癒しになるように原材料のセレクトから香り、パッケージデザインと緻密に作り上げたDAMDAMで体感してもらえる感動を多様性溢れる世界の人々に愛されるよう届けていきたいと思っています。

まちづくりを掲げるUDSの世界と地方への未来戦略

次はUDSのエグゼクティブオフィサーの黒田哲二氏が登壇。“The future of…”に対して「世界がワクワクするまちづくり」というタイトルでプレゼンをした。

黒田哲二
UDSはUrban Design Systemの頭文字が会社名となっていて、この3つが揃うことが事業を行う判断基準となっています。UDSの前身である都市デザインシステムでは企画・設計がメインでしたが、UDSは企画・設計・運営が業務領域となります。

そして今夏開業予定の中国・北京のMUJI HOTEL BEIJINGや来年開業予定のMUJI HOTEL GINZAも同様です。MUJI HOTELのテーマは“アンチゴージャス、アンチチープ”。ホテルを価格の軸で選ぶのではなく、価値観の軸で選べるようバリエーションに富んだ部屋スタイルを用意しています。そしてこれまでのホテルが非日常を体験する場所であったのに対して、MUJI HOTELは旅や移動が暮らしの一部になる、日常の延長としての場を提案します。

UDSの事業はホテル、ホステル、レストラン、食堂、学生寮、シェアハウスやオフィス、コワーキングスペース、教育、物産館、公園などを手がけていますが、各々は「まちづくり」につなげるための手段と考えています。

新しい価値を生み出す選択肢を提案し、その未来にまで責任を持つことをミッションと考え、世界がワクワクするまちづくりをビジョンに掲げています。

nellyrodi_008

ここまでが現在のUDSですが、今後のことをお話しましょう。皆さんもよくご存じかと思いますが、日本の人口は減少すると言われています。生産年齢人口も減るので国力が半分になる一方で高齢化は進み、日本のGDPは2015年には中国に抜かれました。

そんな背景がある未来に向けて、日本を拠点にするのではなく世界の街にUDS経営者をつくることがUDSの組織ビジョンです。すでに北京と上海に会社がありますが、各々が独立した組織となって繋がることで強力なネットワークが生まれると考えています。

では、日本に目を向けると注目すべきは地方です。都市部ではホテル建設ラッシュが続いていますが、今年から民泊の規定を定めた住宅宿泊事業法が解禁される動きもあり、ホテルは安定した事業とは言えない一面があります。そして訪日外国人観光客は増えており、その宿泊数は3大都市圏よりも地方部の伸び率が高いのが現状です。

ですので、ホテルをきっかけとしてホテルが地域内経済循環のハブになる仕組みを考えています。そして建築・都市とITテクノロジーの可能性を模索しています。課題先進国である日本から、成功モデルを海外へ輸出するチャンスはまだまだあると思っています。

Page02. グローバルブランディングエージェンシーartlessが捉える日本人の視点