誕生から40周年を迎え、今なお輝き続ける「セクシーロボット」の魅力を探る|MEDICOM TOY

MEDICOM TOY|誕生から40周年を迎え、今なお輝き続ける「セクシーロボット」の魅力を探る

MEDICOM TOY|メディコム・トイ

MEDICOM TOY|メディコム・トイ

イラストレーター空山 基さんに聞く(1)

待望の空山 基画伯の登場である。デジタルグラフィックツールなどない1970年代後期に描かれ、一躍脚光を浴びた「セクシーロボット」。その単なるエロティシズムに留まらない魅力は、40年という長い年月を経て、なお注目され続けている事実が物語る。しかも驚くことに、画伯は今も紙と筆でセクシーロボットを描いている。メディコム・トイからも各種プロジェクトが進むなかで、画伯の現在の心境を直球勝負でうかがった。

Photograph by OHTAKI KakuText by SHINNO Kunihiko

セクシーロボット誕生秘話

――空山さんの代表作「セクシーロボット」シリーズは、1978年にスタートして今年で40周年を迎えることになりました。いまだ新鮮かつ多くの人々を魅了しているシリーズですが、その第1作目を描いたきっかけは何だったのでしょうか?

空山 広告(サントリー)の仕事です。’79年から’80年にかけて描き、最初はセクシーすぎるとボツにされかけましたが、最終的に採用されました。

――それらの作品は’83年に画集『セクシーロボット』として出版され、世界的に話題になりました。

ところで、セクシーロボット命名の背景を聞かせてください。

空山 出版社の編集長が命名しました。女性の編集者で、すごく頭の切れる人でしたね。

ただ“セクシー”な“ロボット”とストレートに言い切ってますから、余韻がまったくなくて、ちょっと物足りない。分かりやすいけれども、いまだに居心地が悪いところもあります。

――それ以前に描いていた生身の「ピンナップガール」からメタリックな「セクシーロボット」への流れについては、どのように感じていたのでしょうか?

sexyrobot

『セクシーロボット』(空山 基)

pinup

『Pin-uP』(空山 基)

空山 小説で言うと日本語から他言語に訳されたくらいで、本質は何ら変わっていません。

――’70年代はアメリカでハイパーリアリズムが流行しましたが、空山さんはそれらとは異なる独自の表現方法を編み出しました。

当時のアート界はどのようなものでしたか?

空山 他のアーティストのことは知らないよ。自然と自分流になっただけ。

求められた絵を描くのに毎日、必死でしたから、当時のアート界と言われても、何も分からないんです。

そもそも自分ではアートという認識すらないですから。

――効果的なエアブラシの使い方についても教えてください。ブルーの使い方が独特ですが、どのような変遷を経て編み出されたのでしょうか?

空山 モチーフが目立つための助演役。引き立て効果です。そういうのはセンスとしか言いようがない!(笑)

――’93年にはボンデージなどのフェティッシュな要素が加わった作品集『ガイノイド』が出版されました。メタリックな表現を介して描かれるエロティシズムの魅力については?

空山 私の自然体です。メタルがセクシーと感じる極少数派。変態です。

この「ガイノイド」というタイトルも、当時、とがった企画で知られた出版社トレヴィルの編集者がつけたものです。イギリス人の小説から採ったそうだけど、英語圏の人たちにはガイノイドの方がよく伝わるみたいですね。音的にも濁音で、結構インパクトあるから。

――空山さんは基本的に自分の作品にはタイトルをつけないそうですが、その理由は?

空山 文字をつけると負けたと思うんです。いいわけに近いから。だから出版社の人とかが勝手につけます。

どうしても文字にしたい時は、ロボットに掘り込んだり、タトゥーに入れたり。

THE-GYNOIDS

『ガイノイド』(空山 基)

――空山さんの作品を通じてフェテッシュ文化に触れた人は多いと思います。

空山 デザイナー大類 信さんのFiction incが、そういう地ならしをしたんです。’80年代から’90年代にかけて東京にはthe deepとかAZZLOといったフェティッシュ専門の店があって。

今そういう話をしても、若い人たちに通じないんですけどね。最近はKurageという店が有名で、ヨーロッパ方面に影響を与えているそうです。

欧米は宗教とかいろんな制約があって、がんじがらめ。案外、日本の方がめちゃくちゃなことができるから。

――人が人を創るという意味では、ロボットもそうですね。神と同じ行為をやってはいけないというキリスト教の教義が根底にあるため、欧米の一部ではロボットに対して抵抗感がある人が多いと聞きました。

空山 だけど、最近ボストン・ダイナミクスというところが二足歩行とか四足歩行のロボットを作っているじゃないですか。ああいうのを見ると本当にタブーがあるのか? って思います。ジャンプもできるし、倒れても倒れても起き上がってくるから、まさにターミネーター。

――(笑)。空山さんは動物をメタリックに表現する「アニマルロボット」シリーズに続いて、’99年、ソニーが開発したエンターテイメントロボット「AIBO(初代 ERS-110)」のコンセプトデザインを手掛けました。初代AIBOは通産省グッドデザイン賞グランプリ、文化庁メディア芸術祭グランプリを受賞。2001年にはスミソニアン博物館&MOMAのパーマネントコレクションに収蔵されました。

この初代AIBOを1/2サイズでフィギュア化したことが、MEDICOM TOYとの出合いですね。

空山 MEDICOM TOYはクオリティが高いからと、ソニーのスタッフが勧めてくれたんです。確か小さいものも発売されましたよね。

――そちらはB@WBRICKというシリーズのひとつとして発売されました。今年はソニーから12年ぶりに新型AIBOも発売されましたし、再びMEDICOM TOYから初代AIBOのフィギュアが発売されることを願っております。

空山 難しいでしょうけど、やるんだったら今度はプラスチックではなく、ずっしりと重いダイキャストで作ってもらいたいです。

080313_019_1

Page02. 日常に溶け込む「セクシーロボット」