日常を見つめて、まだ気づかれていない “驚き”“発見”を徹底的に求めていく|MEDICOM TOY

MEDICOM TOY|日常を見つめて、まだ気づかれていない“驚き”“発見”を徹底的に求めていく

MEDICOM TOY|メディコム・トイ

MEDICOM TOY|メディコム・トイ

アンリアレイジ代表 森永邦彦さんに聞く(1)

「神は細部に宿る」を創作信念として、既成概念を軽く凌駕するほどに細かなパッチワークを縫い込んだ服や、1万個のボタンを持つジャケットを作り出し、以来、世界を舞台に脚光を浴びるANREALAGE(アンリアレイジ)。その代表であり、デザイナーである森永邦彦氏のモノづくりの姿勢、そして新作BE@RBRICKの制作背景について話をうかがった。

Photograph by OHTAKI KakuText by SHINNO Kunihiko

たったひと晩だけの服も作ります

――本日はお忙しい中、ありがとうございます。先ほど佐賀県から戻ってこられたばかりとうかがいました。

森永 はい。Gaggan(ガガン)というレストラン、ご存知ですか? 毎年発表されている「Asia’s 50 Best Restaurants」で4年連続1位になっているバンコクのお店で、分子料理とインド料理のテイストを融合させたまったく新しい料理を提供しているんです。

そこが佐賀で一晩だけレストランを開くというので行ってきました。僕らはその制服を手がけました。

――たったひと晩だけのお店の制服を、ですか?

森永 ひと晩だけのために、です。サービングスタイルもナイフが刺さったままの器で出てきたり、すごくユニークで実験的な一夜でした。僕らが手掛けたシェフコートは、七色に変わるプリズム現象を用いた特殊素材で桜の花びらが舞ったようなデザインに仕上げていて、光源と視点の位置の変化により桜の花の色がピンクから緑へと様々な色合いに変化するというものです。

――ANREALAGE(アンリアレイジ)は、A REAL-日常、UN REAL-非日常、AGE-時代を意味するブランド名の通り、様々な分野にわたって独創的なことをしていますね。

森永 分野を問わずどの分野でもファッションは入り込めると思っています。仮に形がなくてもそこにファッション性を出すこともできます。

パリでコレクションを発表することや、店舗で服を販売するだけではなく、ファッションを拡張したり、越境しながらやることも、自分たちができる活動のひとつだと思っています。

――今回のBE@RBRICKもそのひとつですね。

森永 そうです。もう10年以上前になりますけど、MEDICOM TOYの赤司社長はアンリアレイジがまだ世にきちんと出ていない頃、個人的に買いに来てくださっていました。当時はレディースのみでしたが、その洋服をメンズサイズに直して着てくださったり。パッチワークの洋服も1000ピースとか3000ピースをつなぎ合わせるので、一着がすごく高価になりますが、それも赤司社長が買っていかれたことを覚えています。

――MEDICOM TOYのことは以前からご存知でしたか?

森永 もちろん存じ上げていました。BE@RBRICKは僕が育ってきた1990年代後半から、すでにファッションの原風景の中にあったアイテムです。ファッションが越境できない部分も飛び越えて、様々な音楽家、芸術家、漫画家が参加したり。とてつもないプラットフォームだと思います。

――BE@RBRICKのお話の前に、森永さんの頭の中がどういう思考になっているのか、どのようなインプットから、ああいう面白いアウトプットになるのかうかがいたいです。

森永 (笑)。インプットは、積極的にはしていません。どちらかというと、自分が生活している身の回りの範囲で、まだ気づいてないこと、見つけられていなかったことを見つけようとしていて。

よく知っている情報の中で知らない部分を発見して、ファッションの形でアウトプットするのが好きなんです。結構いろんなことをやりましたが、これだけやってきても、まだ気づいてないことを見つけた瞬間はすごく嬉しいものです。ある日突然、見ている世界が変わるような発見が、たまにあるんです。

――日常生活の中では見過ごされてしまいがちなもの、ですよね?

森永 ファッション以外で当たり前に起こっていることを、ファッションの範囲内で起こしたいと思っています。例えば「色が変わる」「光を反射する」。日常では、それこそ空の色だって変わりますし、不思議なことではないんですけど、自分が着ている洋服の色が光によって変化するとか”服だから面白い”というのはあるんです。

反射素材も、交通安全の標識など日常的にあるものですが、その現象を糸にしたり染色したりプリントしたりするときに面白さが出るというか。ファッションはガジェットとは違って非常にアナログな媒体で、なおかつ人の手で作られる媒体であるからこそ、異物が入ってきたときに事件が起こるんです。

――服とBE@RBRICKでは、どういう違いがありますか?

森永 BE@RBRICKの面白さはフォーマットです。フォルムという制限がある中で、いかに表現するか。すごく制限が強いように思える媒体だからこそ、そこで生まれる自由な表現が面白いんだと思います。

――シルエットを崩さないことが唯一のルールです。

森永 対して、服は人の形が基準になるので、僕らはその形自体を翻したり、極端に人の体から離れたりしていて。アンリアレイジは毎回テーマを設けてものづくりをしてるんですけど、そのテーマがシーズンのルールみたいなもので。ルールの中で逸脱しないように、なおかつ日常と非日常を表しながら洋服に仕立てるのが面白く感じているところです。

Page02. ブランドの原点に対する思い