ジャガーXJ誕生50周年記念モデル「XJ50」を発表|Jaguar

ジャガーXJ誕生50周年記念モデル「XJ50」を発表|Jaguar

CAR NEWS

Jaguar XJ 50|ジャガー XJ 50

ジャガーXJ誕生50周年記念モデル「XJ50」を発表

ジャガー・ランドローバーは4月25日、同社のフラッグシップ「XJ」の誕生50周年を記念した特別モデル「XJ50」を、北京モーターショー2018で初披露した。

Text by HARA Akira

8世代50年にわたるイノベーションの集大成

ジャガーのフラッグシップサルーンである「XJ」は、1968年に登場した「XJ シリーズ1」以来8世代にわたって各国のビジネスリーダー、セレブリテイ、政治家、王室などに愛され、選ばれ続けてきたラジグジュアリーサルーンの代表的モデルだ。

今回発表された現行X351ベースの「XJ50」は、過去50年間で進化させてきたパフォーマンス、テクノロジー、ラグジュアリーさにおけるイノベーションの集大成という。ボディタイプはスタンダード版とロングホイールベース版の2つがあり、パワートレインも排気量3.0リッターのV6スーパーチャージド ガソリンエンジン(340PS)とツインターボV6ディーゼルエンジン(300PS)の2つから選択できる。

s_007_jaguar_xj
s_005_jaguar_xj

エクステリアでは、フロントとリアに新たにオートバイオグラフィー仕様のバンパーを採用。さらに20インチの「Venom」ホイール、ブラックフロントグリル、リアとサイドの専用バッジで50周年記念モデルであることを際立たせた。ボディカラーはフジ ホワイト、サントリーニ ブラック、ロワール ブルー、ロゼッロ レッドの4色が用意される。

インテリアでは、ダイヤモンドカットのソフト グレイン レザーにジャガーの“リーパー”ロゴをエンボス加工したヘッドレスト、「XJ50」のロゴを施したセンターアームレストなどで室内空間を演出。さらに専用装備としてインタリオ技法で加工した「JAGUAR」ロゴ、「XJ50」バッジを配したイルミネーション付きトレッドプレート、アノダイズ加工を施したギアシフトパドル、ブライトメタルパネルなどが追加されている。

s_017_jaguar_xj
s_016_jaguar_xj

登場から4年後に世界で唯一の12気筒を搭載、世界最高速度225km/hを誇る4シータープロダクションモデルとなった初代、1975年には初の2ドアクーペとなった「シリーズII」の投入、1986年には「Jゲートシフター」とセルフレベリング機能付きサスペンションを採用した「XJ40」、ボディシェルにアルミモノコックを採用して2003年モデルよりも40パーセントの軽量化を実現した現行モデルなど、世界トップレベルのサルーンという地位を保ち続けてきたというXJ。さらに「007シリーズ」などスクリーン上でも注目され、文化的支持も集めた。

ラップアラウンドリアスクリーンや猫の爪を思わせるリアライトなど、現行ジャガーのデザイン言語を確立したデザインディレクターのイアン・カラム氏は「半世紀が経った今でもXJはその伝統に忠実でありながら、美しいデザイン、秀逸なパフォーマンス、贅を極めたラグジュアリーさを絶妙なバランスで融合しており、際立った存在であり続けています。XJ50はXJ誕生50周年を祝うにふさわしいモデルで、世界で最もスタイリッシュなスポーティサルーンのひとつであると自負しています」とコメントした。XJ50の日本での発売予定や価格は、現時点では未定となっている。