パワフルな「XJR575」を加えたXJ 2018年モデルの受注を開始|Jaguar XJ

パワフルな「XJR575」を加えたXJ 2018年モデルの受注を開始|Jaguar XJ

CAR NEWS

Jaguar XJ|ジャガー XJ

パワフルな「XJR575」を加えたXJ 2018年モデルの受注を開始

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ジャガーのフラッグシップサルーン「XJ」の2018年モデルを発表し、受注を開始した。また新たにXJ史上最もパワフルな「XJR575」も追加された。

Text by YANAKA Tomomi

安全装備を全モデルに標準装備

ジャガーのフラッグシップサルーン「XJ」の2018年モデルが発表された。

今モデルの最大のトピックスといえるのが、新グレード「XJR575」の導入だろう。5.0リッターV型8気筒エンジンがチューニングにより最高出力575ps、最大トルク700Nmを発生。ジャガー・ランドローバーでは、XJ史上最もパワフルと謳う。

このXJR575では、デザインも差別化され、専用アイテムを多く採用。エクステリアにはグロスブラック仕上げのリアスポイラーやサイドシル、フロントバンパーが与えられたほか、足元には20インチのグロスブラックのホイールを装着。ボディカラーもSVO(スペシャル ビークル オペレーションズ)による特別カラー、ヴェロシティブルーとサテンコリスグレーから選ぶことも可能だ。インテリアでもソフト グレインレザーなどで高級感が演出された。

Jaguar XJ|ジャガー XJ
Jaguar XJ|ジャガー XJ

XJ 2018年モデルでは、この「XJR575」を含め6グレードをラインナップ。パワートレインはこれまであった2.0リッター直列4気筒ターボモデルを廃止し、最高出力340psを発生する3.0リッターV型6気筒チャージドガソリンエンジンと、最高出力575psと510psとチューニングにより出力のことなる5.0リッターV型8気筒チャージドガソリンエンジンの計3種類に絞りこまれた。

このほかの変更点としては、去年モデルよりも大型化した10.2インチ静電式タッチスクリーンのインフォテインメントシステム「Touch Pro」にInControlの通信機能を備えたプロテクトを標準装備し、緊急時にはスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールが利用できるように。

さらにレーンデパーチャーウォーニングやレーンキープアシスト、ドライバーコンディションモニターなどの安全装備も全グレードに標準装備された。

価格は3.0リッターV6の「XJラグジュアリー」が1,149万円、「XJプレミアム ラグジュアリー」が1,253万円、「XJポートフォリオ」が1,403万円、「XJ Rスポーツ」が1,434万円。5.0リッターV8の「XJR575」が1,887万円、「XJオートグラフィ ロングホイールベース」が2,069万円。

問い合わせ先

ジャガーコール

0120-050-689(9:00-18:00土日祝日を除く)