アストンマーティンが新型「DBSスーパーレッジェーラ」を予告|Aston Martin

アストンマーティンが新型「DBSスーパーレッジェーラ」を予告|Aston Martin

CAR NEWS

Aston Martin DBS Superleggera|アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ

アストンマーティンが新型「DBSスーパーレッジェーラ」を予告

英アストンマーティンは4月18日、フラッグシップモデルとなる2ドアスポーツカー「DBSスーパーレッジェーラ」が2018年の第2四半期に登場すると予告した。

Text by HARA Akira

伝説的名称の復活

間もなく登場することが予告された「DBS」は、50年以上にわたってアストンマーティンの歴史の中で重要な役割を果たしてきた名称で、モデルとしては1967年にウィリアム・タウンズによって設計された初代と、2007年に現在のチーフ クリエイティブ オフィサー、マレク・ライヒマンが手がけた2代目がある。

今回予告された「DBSスーパーレッジェーラ」は、同社のスポーツカー ラインナップの頂点に君臨するよう、最高レベルのパフォーマンス、クラフトマンシップ、デザインを融合させたとし、既存の2ドアスポーツモデルを刷新するためのセカンド センチュリー プランの一環として登場するものだ。

また、モデル名の「スーパーレッジェーラ」は、伊ミラノのコーチビルダー「カロッツェリア トゥーリング」が開発した歴史的な超軽量(=スーパーレッジェーラ)構造テクノロジーに敬意を表した名称で、当時の「DB4」「DB5」「DB6 Mark1」にもその手法が採用された。ファンが待ち望むこのスーパーGTの詳細はまだだが、発表されたティーザー写真によると、赤いボディのボンネットにスーパーレッジェーラのマークが飾られるようだ。

ライヒマンは「DBSスーパーレッジェーラという名前を聞いただけで、それがどのようなクルマであるか理解できるでしょう。それは究極のアストンマーティンGTだけに冠される名称で、真のアイコンモデルの証。名称にふさわしいヘリテージと軽量構造を実現するため、パフォーマンスとデザインの限界を打ち破ります」とコメントしている。