ルノー キャプチャーがマイナーチェンジ|Renault

ルノー キャプチャーがマイナーチェンジ|Renault

CAR NEWS

Renault Captur|ルノー キャプチャー

ルノー キャプチャーがマイナーチェンジ

ルノー・ジャポンはコンパクトSUV「キャプチャー」をマイナーチェンジし、3月8日(木)より発売すると発表した。

Text by YANAKA Tomomi

悪路での走破性を高める「エクステンデッドグリップ」を装備

「Explore(冒険の旅に出る)」をテーマに2014年に誕生したルノーのコンパクトSUV「キャプチャー」が初のマイナーチェンジを迎えた。

今回、大きな変更点となるのは新世代ルノー デザインの特徴となるCシェイプ フロントLEDランプやテールランプ、コーナリングランプ機能付きLEDフォグランプなど、立体的なデザインのLEDランプを採用したこと。ルノーの新たなデザイン言語を身に纏っている。

s_014_renault_capture

Renault Captur Intens

s_023_renault_capture

インテリアは、ルーフカラーに合わせたシートカラーを取り入れ、ボディカラー同様ツートーン仕様に。またソフトタッチ素材を取り入れたダッシュボードなどにより上質な室内空間が演出された。

パワートレインは、最高出力87kW(118ps)、最大トルク250Nm(20.9kgm)を発生する1.2リッター4気筒ターボエンジンに6段EDC(エフィシエント デュアル クラッチ)の組み合わせと、変更はないものの、悪路での走破性を高める「エクステンデッド グリップ」を装備。「標準モード」、駆動輪を適切に空転させることで雪や泥を取り除き、グリップを確保する「ソフトグラウンドモード」、トルク制御を作用させず自分でアクセルコントロールができる「エキスパートモード」の3つのモードから路面状況に応じ選ぶことができる。

s_004_renault_capture

Renault Captur Intens

s_005_renault_capture

Renault Captur Intens leather

ツートーンのボディカラーはすべて新色。グレードはルーフカラーと同色のファブリックシートを装備したエントリーグレードの「インテンス」と、レザーシートの「インテンスレザー」の2種類で構成。価格はインテンスが269万9,000円、インテンスレザーは279万9,000円となる。

080507_eac_spec
Renault Captur|ルノー キャプチャー
ボディサイズ|全長 4,135 × 全幅 1,780 × 全高 1,585 mm
ホイールベース|2,605 mm
トレッド前/後|1,530 / 1,515 mm
最低地上高|185 mm
車両重量|1,280 kg
エンジン|1,197cc 直列4気筒DOHCターボ
最高出力|87 kW(118 ps)/5,000 rpm
最大トルク|250 Nm(20.9 kgm)/2,000 rpm
トランスミッション|6段AT(6段EDC)
駆動方式|FF
サスペンション前|マクファーソン
サスペンション後|トーションビーム
ブレーキ前|ベンチレーテッドディスク
ブレーキ後|ドラム
タイヤ|205/55R17
定員|5人
最小回転半径|5.5 メートル
JC08モード燃費|17.2km/ℓ
価格|(インテンス)266万9,000円 (インテンスレザー)279万9,000円

問い合わせ先

ルノーコール

0120-676-365(9:00-18:00、年中無休)

http://www.renault.jp/