一瞬の美しい光を集めた写真集『光の粒子』|ART

ART|一瞬の美しい光を集めた写真集『光の粒子』

SMART TRAVELER

KYURYUDO|求龍堂

美しい光に、ただ心を奪われた、一瞬の一枚

写真家かくたみほさんのフィンランド写真集2冊目となる『光の粒子』が刊行された。一瞬の光を見つけること、そこにすべての意識を注ぐ、かくたみほさんの最新刊に注目したい。

Photographs by KAKUTA MihoText by KOBAYASHI Takumi(OPENERS)

写真家・かくたみほさんが切り取るピースフルな世界

フィンランドを代表する詩人カイ・ニエミネン氏の一編の詩と、静かな朝の1枚にはじまり、 深い森や湖の一隅、窓辺や庭先の木漏れ日、草原に咲く野の花、暮れゆく水辺の夕暮れなど、かくたみほさんが見つけた“美しきものたち”が、フィンランドの尽きない魅力へといざなう。夢の中のような光景は美しい光に満ちて、見る人の心を照らし、癒す不思議な力を発する。

日々生きる世界がこんなにも穏やかで、平和な光を宿していることに心打たれた。

004
023
015_2
022_2
003
005
029_2
095
光の_表紙

『光の粒子』 著・かくたみほ

1977年、三重県鈴鹿市生まれ。スタジオマンを経て写真家小林幹幸に師事後、独立。雑誌やCDジャケット、ファッションブランドカタログなどの撮影と平行して、光と階調を活かした作風で活動中。ライフワークではフィルムカメラを愛用し10年フィンランドへ作品撮りに行き、旅をベースに光、暮し、自然現象に重きを置いて制作。フィンランドやブータンで撮影のNOTE BOOKシリーズは自費出版を続けている。著書に『dog photographer』(翔泳社 2009年)『写真の撮り方 きほん BOOK』(マイコミ 2010年)『ふんわりかわいい写真の撮り方ノート』(インプレスジャパン 2010年)。写真集に『あふるる』(自費出版 2009年)『キラリキラリ』(パイインターナショナル2013年)『MOIMOI そばにいる』(求龍堂 2017 年)などがある。

問い合わせ先

求龍堂

Tel.03-3239-3382

https://mihokakuta.thebase.in