新宿からおよそ100分で冬グラ。そしてMt.Fujiの懐に抱かれる|HOSHINOYA Fuji

HOSHINOYA Fuji|新宿からおよそ100分で冬グラ。そしてMt.Fujiの懐に抱かれる

SMART TRAVELER

HOSHINOYA Fuji|星のや富士

星のやグランピングは“年中無休”。
真冬でさえも最適・快適・感動的ナリ(1)

あーん、今年こそはキャンプ行きたい! マシュマロ焼きながら、スキットルでウヰスキーをちびちび飲んでみたい。誰にも邪魔されずに、炎を眺めてゆったりしたい。たまには自分と会話したい。「俺、いま、幸せかい?」なんて、恥ずかしくて絶対に声に出せないような自問自答をしてみたい……。って、皆んな、案外同じコト考えているのかも? アウトドアブランドの焚き火ツールの売れ行きが相変わらず絶好調だって。ところが、いざ行動に移そうとすると、初心者にはめちゃハードルが高い。知人に連れて行ってもらえるヒトはいいけれど、頼れる仲間がいないと、ノウハウはおろか、ひと通りのキャンプセットを全部自前で用意しなくちゃならない。あれも必要、これも必要と、リストをつくるうちに、予算はうず高く積み上がる。だから今年も、夢は夢のままで終わるんだろうな……。ハイ、そんなあなたに朗報です。2018年は、即実行。「星のや富士」で叶える冬グラのススメ、ぜひご一読を。

Text by TSUCHIDA Takashi(OPENERS)

今宵、ぼくはハックルベリー・フィンになった

マーク・トウェインが古き良き時代のアメリカに生きる少年を描いた小説『トム・ソーヤの冒険』。子どもの頃、読みましたか? あるいは40代、50代の僕と同じ、多少お歳を召しちゃった方々なら、日曜夜のTVアニメで知ってるよ、なんて人も多いと思います。そのトム・ソーヤの親友にして自由人のハックルベリー・フィンのような生活に憧れをいだいた人、そりゃ多いでしょうよ。でなきゃ、こんなにキャンプ流行ってないもん。

02_【星のや富士】星降る森の空中テント_全体像_人なし
03_【星のや富士】星降る森の空中テント_テント内イメージ

星降る森の空中テント
1日2組。2名までで、2時間貸し切れる「星降る森の空中テント」(2万円。税・サ別)。広さ7.5㎡の空中テント内は、ラグジュアリアスな秘密基地。専属グランピングマスターのアテンドにより、焚き火のあるリビングスペースにてフリードリンク、デザートを楽しみたい。

自分も子供のころ、あのふたりを必死に真似たことを思い出します。大人に内緒で基地を作ったり、そこに宝物を隠したり。木々の揺れる音を聴いて過ごした夕暮れ。草木の薫り。空気の感触。自然に近いところに身を置くと、人間って皮膚感覚が冴えるというか、忘れていたアンテナ感度が、もう一度ピンと立つんだと思います。

その最たるものが、炎。

ゆらめく炎を眺めていると、不思議と癒やされるのはなぜだろう……。林間学校。はじめてのキャンプファイアーで、炎を取り囲みながら唱った歌。今では何を歌ったか忘れてしまったけれども、あの時、感じたポジティブな記憶のかけらが、いつかまたキャンプに来たい、そして思う存分、炎を見つめたいって思わせるんだと思います。

04_【星のや富士】焚き火BAR_ヨコ
05_【星のや富士】焚き火BAR_イメージ
06_【星のや富士】キャビン外観_夕景

左/夕暮れの焚き火ラウンジ。右上/この日はウヰスキーのロックで乾杯。おつまみがこれまたグレイトな、スモークナッツ。右下/前衛的な近代建築による宿泊棟。焚き火ラウンジは、この傾斜地の上側にある。

ハイ、さくっと実現出来ました。
片道100分で。
下準備もないまま。
しかも真冬の季節に。
都会のフツーの身支度で。

ここは「星のや富士」の広大な森の傾斜地、その最も高いところにあるテラス。宿泊客が共有する焚き火ラウンジです。宿泊設備全40室、最大100人強が利用するには十分なサイズの面積。焚き火からやや離れたスペースにも段差やタープなどで緩やかにプライベート空間を阻害しない工夫が凝らされ、焚き火から遠くにいても屋外ガスストーブでほっこり。

そして焚き火の炎は、火守りスタッフがしっかりと管理しています。雨が降ろうと、風が吹こうと、よほどのことが無い限り、その灯火が消えることはありません。なぜならこの焚火が「星のや富士」の象徴だから。この焚火を求めて、人々がこの施設を目指してくることの意味を、スタッフが十分受けとめているからなのです。だから、このラウンジは、宿泊者全員の“リビングルーム”。

そしてここが、非常に重要。「星のや富士」では、多少の雨なら、焚き火を十分堪能できます。

雨が降ったら、雨露を防ぐ大きな傘を広げます。そして、その傘の下に椅子を並べるのです。もちろん、相手は大自然なのだから、完全防御とまでは行かないかも。でも、雨が降ったら降ったで、その成り行きを観察できるほど、自然と近い距離に身を置ける感覚は、キャンプそのものです。

07【星のや富士】ライブラリーカフェ_薪ストーブ

炎の周りでゆったりとした時間を過ごせるように、必要なものはスタッフが気を利かして届けてくれます。もちろん、すぐ隣のライブラリーには暖炉があり、こちらでヌクヌクしながら、ゆらめく炎を楽しむことも良さそうです。

飲み物だって、なんでも。はじまりのシャンパンから、ワイン、ウイスキー、厳選されているとはいえ、有名どころの各種銘柄が揃います。

ちなみに、取材当日の最低気温は0℃。都会の冬着じゃまったく寒いのですが……、キャビンには防寒性に優れたコートが用意され、冷気を楽しめる程度に屋外ガスストーブでラウンジ全体を温めてくれているから、まったくヘーキ。そのうえで、まだ寒ければブランケットを使えばOK。さらには屋外コタツという切り札まで登場しちゃいます。したがって、念願のウヰスキーを心ゆくまでちびちび、という行為が、ストレスフリーで楽しめるのです。

夜9時には東京からアーティストを呼んで、「森の演奏会」。これ、平日も含めたエブリデイイベント。気分はまるで、Vivaプライベートフェス。

Page02. 冬のごちそうは、ジビエで決まり!