マツダの新型SUV「CX-8」に試乗|Mazda

マツダの新型SUV「CX-8」に試乗|Mazda

CAR IMPRESSION

Mazda CX-8|マツダ CX-8

マツダの新型SUV「CX-8」に試乗

ファミリーに大人気というが
CX-8の魅力はそれだけではない

2017年9月に発表、同12月より販売を開始したマツダ「CX-8」。フラッグシップSUVであると同時に、終了した「MPV」の後継を担うべく3列シートMPVのユーティリティをも併せ持つクロスオーバーモデルだ。マツダの最新デザイン、最新技術の詰まったこのニューモデルに小川フミオ氏が試乗した。

Text by Fumio OGAWA

新時代の幕開けとなるか

マツダの新型車「CX-8」は注目すべきマルチ パーパス ビークルだ。理由は最大7人が乗れる3列シートのパッケージ。同時に走りも楽しめる。マツダが新しい時代に入ったと感じさせてくれる1台なのだ。

マツダの特徴は何か。もちろんいろいろある。ここで強調したいのは、車種はそれほど多くないが、市場の空白をうまくついてくる商品企画力だ。

2017年12月に発売開始されたCX-8は好例だ。米国で人気の大型SUV、「CX-9」のサスペンションシステムなどを使いながら、日本での使い勝手に合致するよう“ダウンサイジング”したというパッケージ。

全長4.9メートルだから小さくはないけれど、それでも室内は3列シートが無理なく並び、3列目でも大人が比較的ゆったり座れる空間的余裕があるのにも感心する。

s_005_mazda_cx8
s_013_mazda_cx8

ドライブトレインは、2.2リッター4気筒ディーゼルエンジンに6段オートマチック変速機の1種類。駆動方式は前輪駆動(FF)と4輪駆動(AWD)の2種類だ。

モデルバリエーションは2列目のシートにある。一つは3人がけのベンチシート(通常の乗用車の2列目と同じ)、もう一つは独立したキャプテンシートだ。

キャプテンシートは「PROACTIVE」(プロアクティブ)という仕様の場合、中央に3列目にアクセスしやすいウォークスルー機構を採用。

「L Package」は2列目をキャプテンシートの2人がけとしているが、左右のシートの中央にUSB電源などを備えたコンソールボックスを設置している。これが最上級モデルだ。