「ラグジュアリーな、プリントTシャツ」

編集大魔王・祐真朋樹のザ★ベスト7 vol.10

連載|編集大魔王・祐真朋樹 ザ★ベスト7

ザ★ベスト7 7KOROBI TOMOKI

編集大魔王がもっぱらハマっているという「LBPT」…イケてるネットスラングか? はたまたサンドイッチの中味なのか? いや、なんのことはない「ラグジュアリー(L)ブランドの(B)プリント(P)Tシャツ(T)」のことである。夢中になったきっかけは今を遡ること半年前、フランスはパリにあるそうで…

Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI Kohta Text by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京 Model ARISAKA Sodai

vol.10 ラグジュアリーなプリントTシャツ【príntid tí:ʃə:rt】

祐真 「今年の6月、2018春夏メンズコレクション取材でパリを訪れた時のこと。今年いっぱいで閉店するコレットをのぞいてみたら、ショップの2階フロアをバレンシアガがジャックし「copy center」というイベントを開催していました。バレンシアガの白いTシャツに様々なグラフィックを重ねデジタルプリントをしてもらうという催しで、僕もさっそくトライしてみたわけですが、その場であっという間にできるスピーディーさに感動したのはもちろん、完成したプリントTシャツが抜群にいい。ルーズなシルエットで着心地もよく『あ、これいいな』とハマりました。

それまでプリントTシャツといえば、アメリカンな雰囲気で生地が厚めのものがほとんど。それはそれとして好きではありますが、洗濯するとシワになってくるのが残念だと常々思っていました。

ところが、コレットで作ったバレンシアガのカスタマイズプリントTシャツしかり、上の写真で僕が着用しているグッチのアンスキルドワーカーのイラストTシャツしかり、洗濯しても気になるシワは出てこない。ラグジュアリーブランドがリリースするTシャツが、薄く柔らかな上質素材に進化してきているなということを実感したのです。

しかも僕の場合、Tシャツの下には必ずハイネックのカットソーを着用します。それらのプリントTシャツは、いい感じの薄さと柔らかさを兼ね備えているのはもちろん、うれしいことにカットソーを重ねた時のバランスもちょうどいい。その上にコートを羽織れば、東京なら冬でも大丈夫だなと思ったほどです。

以来、ラグジュアリーブランドのプリントTシャツがマイブームとなり、プリントTシャツを「プリT」、イラストTシャツは「イラT」と呼び、「いい感じのプリT、イラTはいねがー」と次のお気に入りを探しているという今日このごろ。今回ピックアップした7点も自分が着てみたいものばかり。この超絶マイブームはしばらく続きそうです」

左:Tシャツ 本人私物、下に着たタートルネックカットソー 4万8600円(カルバン・クライン 205W39NYC/カルバン・クライン カスタマーサービス 0120-657-889)
右:タートルネックカットソー 5300円(ジチピ/メイデンズショップ 03-5410-6686)

英国人アーティストUnskilled Worker(@unskilledworker)のInstagramより

GUCCI|グッチ

s_001_best7_10_gucci_01
s_005_best7_10_gucci_01

柔らかな風合いに仕上げたブラックボディに、キャットフェイスをプリント・オン。袖部分にまたがってプリントされたBLACK CATの文字も、ヴィンテージのように…

MORE >>

s_002_best7_10_gucci_01_cube
s_003_best7_10_gucci_01_cube
s_004_best7_10_gucci_01_cube

 


STELLA McCARTNEY MENSWEAR|ステラ マッカートニー メンズウェア

s_001_best7_10_stella
s_005_best7_10_stella

ボディはサスティナブルなブランド哲学にのっとったオーガニックコットン製。フロントにプリントされた「NO SMILE, NO SERVICE」のスローガンも、英国人ならではのシニカルなユーモア。ほどよい丈感の…

MORE >>

s_002_best7_10_stella_cube
s_003_best7_10_stella_cube
s_004_best7_10_stella_cube

 


SAINT LAURENT|サンローラン

s_001_best7_10_saintlaurent
s_005_best7_10_saintlaurent

「TO THE MOON AND BACK」のフレーズをグラフィカルにあしらったウォッシュドのイラストT。しなやかで軽いジャージのリンガータイプで、ブルーのリブのトリミングが鮮やかな…

MORE >>

s_002_best7_10_saintlaurent_cube
s_003_best7_10_saintlaurent_cube
s_004_best7_10_saintlaurent_cube

 


BURBERRY|バーバリー

s_001_best7_10_burberry
s_005_best7_10_burberry

ハーフトーンのフォトプリントとキャッチーなレタリングを組み合わせ、探検家の自由なフィーリングを表現。柔らかなコットンジャージー仕立てで、ボディのシルエットは…

MORE >>

s_002_best7_10_burberry_cube
s_003_best7_10_burberry_cube
s_004_best7_10_burberry_cube

 


LOEWE|ロエべ

s_001_best7_10_loewe
s_005_best7_10_loewe

リアルなビーグル犬のイラストとブランドロゴが、ウォッシュドのブラックボディにダイナミックにプリント・オン。背中の襟元に、ボディと同色のロゴがさりげなくあしらわれて…

MORE >>

s_002_best7_10_loewe_cube
s_003_best7_10_loewe_cube
s_004_best7_10_loewe_cube

 


GUCCI|グッチ

s_001_best7_10_gucci_02
s_005_best7_10_gucci_02

2018年のクルーズ コレクションからピックアップしたイラストTシャツは、ヴィンテージのポストカードからインスパイアされたというタイガーフェイス。ファニーな表情が…

MORE >>

s_002_best7_10_gucci_02_cube
s_003_best7_10_gucci_02_cube
s_004_best7_10_gucci_02_cube

 


VALENTINO|ヴァレンティノ

s_001_best7_10_valentino
s_005_best7_10_valentino

セックス・ピストルズのアートワークを手掛け、1970年代のパンクムーヴメントを牽引した英国人アーティスト、ジェイミー・リードがデザインした柄を前身頃に…

MORE >>

s_002_best7_10_valentino_cube
s_003_best7_10_valentino_cube
s_004_best7_10_valentino_cube

 


【spot light】

CALVIN KLEIN 205W39NYC|カルバン・クライン 205W39NYC

s_001_best7_10_CK_jeans
s_002_best7_10_CK_jeans

祐真 「2017年のファッションシーンで、その動向が注目され、台風の目となったブランドといえば、やはりラフ・シモンズが手掛けるカルバン・クラインをほかに置いてないでしょう。実際にファーストコレクションを手に取り、買って着てみるとかなりいい。アンダーウェアでひと時代を築いたブランドでもあるので…」

MORE >>

s_004_best7_10_CK_205
s_005_best7_10_CK_205