「M.A.R.S」デザイナー、米山庸二氏が「XT5 クロスオーバー」の魅力を語る|Cadillac

「M.A.R.S」デザイナー、米山庸二氏が「XT5 クロスオーバー」の魅力を語る|Cadillac

CAR FEATURES

Cadillac XT5 Crossover|キャデラック XT5 クロスオーバー

元気がチャージできる街とクルマ

著名人をはじめ多くの熱狂的なファンを持つアクセサリーブランド「M.A.R.S/マーズ」のデザイナーであり、ファッション業界では無類のクルマ好きとして知られる米山庸二さん。ニューヨークにも精通する彼の目に、キャデラックがニューヨークに拠点を移してから初めてリリースされた、ブランニューキャデラック「XT5 クロスオーバー」はどう映ったのか?

Text by TAKI MasashiPhotographs by OKAMURA Masayuki

キャデラックの印象がまたガラリと変わった

時代感を大切に、しかし流行には左右されることなく「機能性とデザイン」をファーストプライオリティに据えた「M.A.R.S/マーズ」。この類い希なアクセサリーブランドを1990年に立ち上げ、特にこだわりのメンズジュエリーでデザイナー、米山庸二さんはインフルエンサー達からも多くの支持を集めている。無類のクルマ好きとしても知られる彼が、キャデラック「XT5 クロスオーバー」のステアリングを握り、ドライブを楽しんだ。

「M.A.R.S」デザイナー、米山庸二氏が「XT5 クロスオーバー」の魅力を語る|Cadillac 002
「M.A.R.S」デザイナー、米山庸二氏が「XT5 クロスオーバー」の魅力を語る|Cadillac 003

キャデラックの印象がまたガラリと変わりました。本当に、驚きました。自分にとってのキャデラックとの最初の出会いは1990年代に友人が乗っていた、5.7リッター V8エンジンを積んだFFの2ドアハードトップ「エルドラド」。その後、つい最近、「ATS」を試乗してだいぶアップトゥ デイトできた気になっていたのですが、XT5 クロスオーバーに乗って、驚きました。またモダンなクルマになっていますね。テイストは違えど、ラグジュアリーなところはさすがキャデラックです。

「機能性とデザイン」をテーマとした「M.A.R.S/マーズ」は、ロジカルでもある。一昨年、昨年と新宿伊勢丹メンズ館でアーカイブ展やポップアップ展示もなされ、大きな反響を得た。ロジカルなデザイナーの目にXT5 クロスオーバーはどう映ったのだろう。

単純にカッコいい、ですね。それとだいぶ「エルドラド」とは異なりますが、それでも一目でキャデラックだと分かりました。これは凄いことだと思います。