ブランニューキャデラックの象徴「XT5 クロスオーバー」|Cadillac

ブランニューキャデラックの象徴「XT5 クロスオーバー」|Cadillac

CAR FEATURES

Cadillac XT5 Crossover|キャデラック XT5 クロスオーバー

伝統と革新のブランニューキャデラック

アメリカのプレミアムカーブランド、キャデラックがニューヨークに拠点を移してから初めてリリースされた、ブランニューキャデラック「XT5 クロスオーバー」。キャデラックの、いやアメリカ車のイメージを一新させるこのラグジュアリークロスオーバーの魅力に迫る。

Text by TAKI Masashi

どの角度から眺めても美しいフォルム

この10月28日に日本で発売となったキャデラック「XT5 クロスオーバー」は、キャデラックがニューヨークに拠点を移してから初めてリリースされた、ブランニューキャデラックでもある。立ち位置的にはキャデラック「SRX」のポジションを継ぐラグジュアリークロスオーバー。新しいキャデラックにはBMWやアウディのように、ナンバリングでクラスをイメージさせるモデル名が与えられることとなり、キャデラックのフルサイズプレステージセダンたる「CT6」に次いで発表されたのが、このXT5 クロスオーバーとなる。

s_002_cadillac_xt5
s_003_cadillac_xt5

そのデザインを一目見ただけで、ブランニューであることは明らかだ。キャデラックがラグジュアリーSUVと謳うモデルには「エスカレード」というフラッグシップモデルがある。これはかつて伝統と歴史を携えたブランドの宿命ともいえる、イメージのコンサバ化に陥ったキャデラックに投入された救世主的モデルであり、その成功はブランドを見事復活させた。その成功ゆえ、押し出しが強く巨大でラグジュアリーなエスカレードが頂点にあり、SRXはその一回りコンパクトなモデル、といったおもむきがあった。ところがXT5 クロスオーバーは、そのエスカレードの呪縛から解き放たれた感があり、エクステリアからしてモダンである。

なめらかな曲線で描かれたフォルムはどの角度から眺めても美しい。と同時に、フロント、リアのライトまわりには縦基調のアクセントがあり、瞬時にそれがキャデラックであることを理解させる。モダンなだけではなく、角度によってはモダンよりヘリテイジにやや勝った面も持つ。