東京モーターショー 2017 リポート|Honda

東京モーターショー 2017 リポート|Honda

Honda Sport EV Concept

CAR NEWS

Honda|ホンダ

東京モーターショー 2017 リポート

Text by HARA AkiraPhorographs by ARAKAWA Masayuki

コンパクトなEVなどをプレミア

ホンダブースのコンセプトは“自分を、もっと連れ出すんだ”。モビリティを通して広がる人間の可能性、豊かな生活をブース全体で提案する。

ステージのセンターに置かれてワールドプレミアされたのは「Honda Sports EV concept」だ。コンパクトな2ドアクーペボディにEVと人工知能(AI)を組み合わせ、人とクルマが一つになったような運転感覚を体験できるモデルを目指して開発したという。後述の「Honda Urban EV Concept」とプラットフォームを共有しながら、ひと目で心に残り、多彩なライフスタイルに自然に溶け込む親しみやすいデザインとし、所有する喜びと愛着が感じられる次世代のスポーツカーを目指した。

s_005_honda_tms

Honda Sport EV Concept

s_008_honda_tms

Honda Urban EV Concept

ジャパンプレミアは、先のフランクフルモータートショーでお披露目された「Honda Urban EV Concept」。新開発のEV専用プラットフォームを採用し、将来の量産EVモデルの技術とデザインの方向性を示すモデルである。愛着のあるデザイン(シビックをイメージ)と、都市の移動に最適なコンパクトサイズとした。AIや車両の外へ向けメッセージやあいさつを表示するディスプレーを備え、人とクルマの自然なコミュニケーションを行うことができるという。

ジャパンプレミアコンセプトモデルはもう一台。「Honda NeuV(ホンダ ニューヴィー)」。自動運転技術とAIを組み合わせたEVモデルで、所有者が使用しないときは自動運転で移動してライドシェアを行うことも想定した。

5代目「CR-V」もジャパンプレミア。歴代初の2モーターハイブリッド システム「SPORT HYBRID I-MMD」を搭載したFFおよび4WDモデルとなっている。