2019年に欧州で発売する小型EVのコンセプトモデルを世界初公開|Honda

2019年に欧州で発売する小型EVのコンセプトモデルを世界初公開|Honda

CAR NEWS

Honda Urban EV Concept|ホンダ アーバンEVコンセプト

2019年に欧州で発売する小型EVのコンセプトモデルを世界初公開

ホンダは現地時間の9月12日(火)に開幕したフランクフルト モーターショー(IAA 2017)で、電気自動車のコンセプトモデル「アーバンEVコンセプト」を世界初公開した。

Text by YANAKA Tomomi

EV専用プラットフォームを採用し、AI技術で運転をサポート

将来の量産EVモデルの技術とデザインの方向性を示すコンセプトモデルとしてフランクフルトモーターショーで披露された「アーバンEVコンセプト」。ホンダではこのモデルをベースとした量産EVを2019年に欧州で発売するとともに、今後欧州で発売されるすべての新型モデルにハイブリッドを含めた電動化技術を搭載することもあわせて発表した。

ボディは新開発のEV専用プラットフォームを採用。エクステリアは、ローアンドワイドのシンプルなスタイリングで、欧州仕様の「ジャズ(日本名フィット)」よりも全長が100mm短く、都市の移動に適したコンパクトサイズとなっている。また車両のフロント部分には充電状態やドライブへの助言、挨拶などを多言語で表示できるディスプレイも設けられた。

s_honda-urban-ev-concept_003
s_honda-urban-ev-concept_011

インテリアは、スリムなAピラーとワイドな前面ガラスにより遮るものを最小限に抑え、開放的な空間を実現。フロントドアにはリアヒンジ式のコーチドアを取り入れ、木目調のフローティング コンソールをもつダッシュボードは、コンソール裏から左右ドアにまで伸びたスクリーンに囲まれているのが特徴だ。さらに、両サイドのスクリーンはサイドミラーの機能として車両外部に取り付けられたカメラの映像を映し出すという。

このほかにもAI技術を用いた「ホンダ オートメーテッド ネットワーク アシスタント」のパーソナルコンシェルジュ機能により、ドライバーのライフスタイルや過去の行き先、嗜好を学習して状況に応じた提案をしたり、ドライバーの声の調子からストレス状況を判断して安全運転のサポートを行うことも可能になるそう。

またホンダはフランクフルトモーターショーで、効率的なエネルギーマネジメントを実現する「ホンダ パワー マネージャー コンセプト」を同時に発表。太陽光など再生可能エネルギーや燃料電池車によって発電した電力をやり取りして家庭やEV向けに必要に応じた方充電をおこなうなど、モビリティと暮らしをつなぐパワー コンディショナーとなっている。