東京モーターショー 2017 リポート|Volkswagen

東京モーターショー 2017 リポート|Volkswagen

CAR NEWS

Volkswagen|フォルクスワーゲン

東京モーターショー 2017 リポート

Text by HARA AkiraPhorographs by ARAKAWA Masayuki

自動運転機能を備えた最新の“マイクロバス”

フォルクスワーゲンは、2022年の市販化が決定した「I.D. BUZZ」をブースのセンターに配置。上部が薄いグレー、下部が黄緑色に塗られたエクステリアは往年の「タイプ2 マイクロバス」をイメージしたものだが、動力源は最新のトレンドであるバッテリーを使用したEVモデルとなっている。完全自動運機能を備えており、運転席を180度回転して同乗者とのおしゃべりを楽しみながら移動時間を過ごすことができる。航続距離600kmという高い実用性と鋭い加速の走行性能も魅力だ。

s_004_Volkswagen

Volkswagen I.D.BUZZ

s_011_Volkswagen

Volkswagen Arteon

そのほか、実車が日本初披露となる「アルテオン」は、2.0リッター エンジン搭載の5ドアハッチバックモデルで、フォルクスワーゲンの新たなサルーンとしての一面と、全長4.9メートルの伸びやかなスタイルが特徴。最もコンパクトな「up!」の高性能モデル「up! GTI」も登場する。

電動化モデルの販売車両では、先ごろ発売となったプラグインハイブリッド「ゴルフGTE」と「e-ゴルフ」も展示される。e-ゴルフは完全な電気自動車で、航続距離300kmと、シームレスな加速が魅力のモデルになっている。