全車にマイルドハイブリッドを標準装備した新型A7スポーツバック|Audi

全車にマイルドハイブリッドを標準装備した新型A7スポーツバック|Audi

CAR NEWS

Audi A7 Sportback|アウディ A7スポーツバック

マイルドハイブリッドを標準装備した新型A7スポーツバック

アウディはドイツ時間10月19日(木)、フルモデルチェンジした4ドアクーペ「A7 スポーツバック」を発表した。

Text by YANAKA Tomomi

新開発のマイルドハイブリッドを搭載

2011年にデビューして先代以来6年ぶりのフルモデルチェンジとなった「A7スポーツバック」。すべてのモデルにマイルドハイブリッド(MHEV)システムを搭載するとともに、新しいデザイン言語を用いたエクステリアデザインを採用するなど、刷新された。

パワートレインは、当初、最高出力250kW、最大トルク500Nmを発生する3.0リッターV6エンジンを用意。今後は別の6気筒と4気筒エンジンも追加される予定という。3.0リッターV6エンジンは7段Sトロニックトランスミッションを組み合わせ、四輪で駆動。0-100km/hは5.3秒、最高速度は250km/hに達する。

Audi A7 Sportback|アウディ A7スポーツバック 004
Audi A7 Sportback|アウディ A7スポーツバック 007

さらに、A7スポーツバックに搭載されるすべてのエンジンには新開発のMHEVドライブシステムを搭載。48V主電源を採用し、リチウムイオンバッテリーとベルト駆動式のオルタネータースターター(BAS)の働きで、ブレーキング時には最大12kWの回生が可能に。55-160km/hでの走行時はフリーホイーリングモードでエンジンを止めてコースティング(惰性走行)することもでき、BASを介して再スタートもスムーズに行えるという。

アイドリングストップ機能の範囲も拡大。22km/h以下で作動可能となり、標準装備のフロントカメラと連動することで、前のクルマが動き出すのを確認した場合は停止中であってもエンジンの再スタートを予測的に実施できるようになった。

このMHEVにより、実際の走行条件で100km走行あたり最大0.7ℓの燃費消費ができ、欧州値での燃費は7.2-6.8ℓ/100km(およそ13.9-14.7km/ℓ)となってる。