VWがディーゼルエンジン搭載「パサート」の日本導入決定|Volkswagen

VWがディーゼルエンジン搭載「パサート」の日本導入決定|Volkswagen

CAR NEWS

Volkswagen Passat TDI|フォルクスワーゲン パサート TDI

ディーゼルエンジン搭載「パサート」の日本導入決定

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、ディーゼルエンジンを搭載した「パサートTDI」シリーズの型式認定を取得し、日本市場への導入を決定したと発表した。国内販売は来年初めを予定している。

Text by HARA Akira

東京モーターショー2017にTDIモデルを参考出品

導入が発表されたフォルクスワーゲン「パサート 2.0TDI」は、排気量2.0リッターのターボ ディーゼルエンジンを搭載する中型車(Dセグメント)で、排ガス後処理システムに酸化触媒、尿素式選択還元触媒(SCR)、ディーゼル パティキュレート フィルター(DPF)を採用し、世界で最も厳しいとされる日本の新長期排ガス規制に適合したモデルだ。

「TDI」は、フォルクスワーゲンのターボディーゼルエンジンシリーズの総称で、最新TDIを搭載するパサートTDIは、セダンとステーションワゴンの2モデルがある。パサートは、ひとクラス上の競合車を凌駕する居住性、快適性、将来の自動運転に向けた高度運転支援システムや安全・快適装備を誇る、国内のフォルクスワーゲンのラインナップにおけるトップエンドモデル。すでにガソリンエンジンとプラグイン ハイブリッド(PHEV)モデルが導入されており、新たにディーゼルモデルが加わることになる。

Volkswagen Passat 2.0TDI|フォルクスワーゲン パサート2.0TDI
Volkswagen Passat 2.0TDI|フォルクスワーゲン パサート2.0TDI

今回の導入の理由として、近年の日本のディーゼル乗用車市場の拡大(今年上半期では前年同期比で1.2倍)を掲げており、中でもディーゼルモデルのバリエーションが豊富な輸入車は特に注目されているという。背景としては、経済性(燃料代)、パワフルな走り、環境への貢献(低いCO2排出量)などへの理解の広まりがあり、今後も一定の需要が見込まれるとする。

今回のディーゼルモデルの導入決定に合わせて、ステーションワゴンの「パサート ヴァリアント TDI」を東京モーターショー2017に参考出品する予定だ。

問い合わせ先

フォルクスワーゲン カスタマーセンター

0120-993-199