TRAVEL|ホテルステイをもっと自由に、もっと楽しく

TRAVEL|ホテルステイをもっと自由に、もっと楽しく

LOUNGE TRAVEL

TRAVEL|ホテルステイをもっと自由に、もっと楽しくする方法

香港ホテルホッピング

最近、旅慣れた人たちと話をしていて気づいたことがある。それは、旅行先でどこに宿泊するかという話をしていると、かなりの確率で、「あちらこちらに」と答えるのだ。以前は、旅の上級者といえば大抵お気に入りの常宿があって、そこに“帰る”という感覚の人も多かった気がする。それが今やホテル滞在すら愉しみのひとつとして、自らの旅をより印象的なものにするために、心の赴くままにデザインしているのだ。

Text by MAKIGUCHI June

ホテルが密集した香港で楽しむ“ホテルホッピング”

背景のひとつとして、ホテル業界が熾烈な競争を勝ち抜くため、独創的なコンセプトやインテリアで個性を打ち出していることがあるのかもしれない。最近では、同じブランドであっても、都市やエリアによってデザインやコンセプトを変えている。それはクラシック音楽で例えるなら変奏曲のようなもの。同じ主題を土台に、バリエーションを展開する。エスプリはそのままに、ブランドの様々な側面を表現することこそブランディングの妙。そんな背景もあるのか、以前にもまして、ホテル滞在が旅の主要な目的のひとつになっていると肌で感じるのだ。

“ホテルホッピング”を楽しむなら、やはりホテルが密集した都市がいい。例えば、西洋と東洋の文化が入り混じるアジア有数の国際都市、香港。2016年には、世界中から5665万4903人、日本からは109万2329人が来港した(香港政府観光局発表)。ここには、まだ日本未上陸のブランドを始め、世界的なホテルブランドがしのぎを削っている。

香港ホテルホッピング

例えば、長年日本上陸を望む声がやまない「W」。ラグジュリーの枠を超えて大胆な個性を放つライフスタイルブランドだ。デザイン、音楽、ファッションといった業界とのコラボレーションが頻繁で、パーティイベントも多く開催されている。「WOOBAR」では、DJによるダンサブルな音楽が毎晩楽しめる。

香港ホテルホッピング

また、ゲストの要望に応えるサービスに「Whatever/Whenever®(お望みのものを・お望みのときに)」と名付けたり、滞在をより印象的なものにするために相談できる担当者「インサイダー」を配置し、街で起きているエキサイティングな出来事の数々を教えてくれたり。他にはない発想のサービス、ホスピタリティが独自にデザインされており、滞在する楽しみがそこここで感じられる。世界のクリエイターたちからも支持を集めているのも納得だ。

インテリアにはロケーションに応じてさまざまなこだわりが取り入れられている。W香港では、街の西洋の交差点らしい個性が生かされ、都会的でスタイリッシュながら、遊び心のある鮮やかな色をアクセントに、街のパワフルなエネルギーを感じさせている。

香港ホテルホッピング

76階にある「WET®」は、香港のホテルで最も高いところに位置する屋外プールだ。ヴィクトリア湾を見下ろしながら泳ぐ気分は格別。また、1階に位置するレストラン「星宴」では、伝統的な広東料理を本場で楽しむ喜びを堪能できる。

実は先日、たまたま、「W」好きを自称するビジネスマンと話をする機会があったのだが、ロケーションの歴史や伝統、文化をモダンに取り入れ、土地によって違った趣を見せているこのブランドは、デザイン好きにはたまらないのだと話していた。日本未上陸のホテルだけに、海外では好んで宿泊する日本のファンも多い。

「W香港」があるのは、エアポート・エクスプレスの九龍駅の真上なので、空港からのアクセスがすこぶる便利。メトロの駅にも外に出ずに行けるので、香港島サイドへの移動も簡単だ。目の前はヴィクトリア湾。昼は忙しい港の様子が、そして夜は対岸にある香港島の美しく煌めく摩天楼が心躍らせてくれる。ショッピング、ダイニングにも便利な「エレメンツ」という商業施設の一角にあるということも、もうひとつの魅力だろう。

ABOUT
牧口じゅん

牧口じゅん|MAKIGUCHI June 共同通信社、映画祭事務局、雑誌編集を経て独立。スクリーン中のファッションや食、音楽など、 ライフスタイルにまつわる話題を盛り込んだ映画コラム、インタビュー記事を女性誌、男性誌にて …