ベントレーが誇るSUV、ベンテイガの真価を探る|Bentley

ベントレーが誇るSUV、ベンテイガの真価を探る|Bentley

CAR FEATURES

Bentley Bentayga|ベントレー ベンテイガ

クルマに求める条件を全方位的にクリアするスーパーSUV

2015年にフランクフルトモーターショーでデビューし、今やラグジュアリーなフルサイズSUVとして、世界中のセレブリティを魅了しているベントレー「ベンテイガ」。日本にも導入されておよそ1年を経た今、あらためてその真価を考える。

Text by OGAWA FumioPhotographs by OKAMURA Masahiro

スーパースポーツカーなみのパフォーマンス

英ベントレーモーターズが手がけるスーパーSUVが「ベンテイガ」。スーパーをマルチタスクと言い換えてもいい。クルマに求められる条件を全方位的にクリアする高い性能を備えているモデルだ。

なにしろ、5,945ccのW12気筒エンジンにフルタイム4WDシステムの組み合わせ。全長5,150mm、全高1,755mmという堂々とした車体を900Nmもの大トルクでもって、軽快な感じで駆動する。

ひとことでいってスーパースポーツカーなみの加速性能だ。静止から100/kmに達するまでの所要時間は4.1秒。余裕あるサイズのSUVとは思えない速さである。

Bentley Bentayga|ベントレー ベンテイガ
Bentley Bentayga|ベントレー ベンテイガ

同時にぜいたくさと快適性でも群を抜いている。個人的に面白いと思うのは大型SUVだがスタイリングテーマとして、同社の軽快なクーペであるコンチネンタルGTとの共通性が散見されることだ。

ベンテイガのぜいたくさとは、たんに高価な素材を寄せ集めているのではない。スポーティなセダンやクーペで名声を博してきた同社のアイデンティティをしっかり活かしているところにある。

つまりデザイン ランゲージはスポーツモデルとある部分共用しながら、独自の世界を見事に作りあげている。そんなクルマはめったにない。

ベントレーのシンボル「ウイングドB」を表すという左右対称のダッシュボードが好例だ。インテリアにおけるベントレーのアイコンを使うということは、つまるところ自社製品に対するゆるぎない自信となって感じられる。

Bentley Bentayga|ベントレー ベンテイガ
Bentley Bentayga|ベントレー ベンテイガ

乗りこんでからも「ザ・ベントレー(ベントレーそのもの)」と主張するインテリアは大きな魅力だ。持ち主が誇りをもって選んでいることを意味するからだ。

レストランでもバーでも、はたまた自邸のリビングルームでもいい。ゲストを招いたとき、自分にとって最上なものを提供するのは、まぎれもなく最上のもてなしだろう。

ゴルフでもいいし、ちょっとしたドライブでもいい。クルマでも同じことがいえると思う。ベンテイガならではの“もてなし”を裏付けるものは多い。

あげていくと、豊富な装備、手が触れる操作系の質感、体を落ち着けるシートの触感、静粛性の高さ……枚挙にいとまがないほどだ。

最近ロンドンなどでの体験を思い出した。

 
スペシャルサイトはこちら
https://www.bentleymotors.jp/world-of-bentley/experiences/extraordinary-bentayga/