祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.24 KYOTO JAZZ SEXTET 沖野修也さん

祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.24 KYOTO JAZZ SEXTET 沖野修也さん

祐真朋樹対談

Page. 1

クリエイティヴ・ディレクター/DJ/選曲家/執筆家/世界唯一の選曲評論家などなど、多彩な顔を持つ沖野修也さんが、最近の録音方法では珍しい「一発録り」にこだわったアルバム、KYOTO JAZZ SEXTET「UNITY」を発表。
以前から沖野氏と親しい編集大魔王 祐真朋樹が、親しいがゆえに話せる内容満載の今回の対談です。はたして会話のの行方は、QJ・・・?

Interview by SUKEZANE TomokiText by HATKEYAMA Satoko

沖野氏独自の音作りから生まれるJAZZ

祐真朋樹・編集大魔王(以下、祐真) 沖野さん率いるジャズユニット・KYOTO JAZZ SEXTETが、セカンドアルバム『UNITY』をリリースしましたね。沖野さんはもう一方で、KYOTO JAZZ MASSIVEというユニットでも活動されていますけれど、今日はまずその違いを教えてください。

s_002_KJS

KYOTO JAZZ SEXTET 沖野修也さん(以下、沖野) KYOTO JAZZ MASSIVEは僕と弟(=沖野好洋)が一緒にやっていて、基本的には打ち込みでダンスミュージックに特化しているユニットです。KYOTO JAZZ SEXTETのほうは、完全なジャズの生バンドで、全部アナログでやっていいます。テープで録音をし、マスタリングやカッティングといった作業もすべてアナログ。しかも一発録りなので、コンピュータを使って後で直すといった作業をしていません。

祐真 デジタルの時代に、あえて一発録りにこだわるという理由はなんですか。

沖野 そうすることでしか生まれない「緊張感」のようなものがあるんです。今はコンピュータでドラムを組み立てたら、ベース、キーボード、歌、サックスという順番に1人ずつ演奏をして、音を乗せていく作業がメイン。途中でおかしなとこがあったら直せるし、歌のピッチもコンピュータで変えられます。まあそれはすごく便利なことではあるんですけれど、このユニットではあえてその作業をしていません。

祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.21 KYOTO JAZZ SEXTET 沖野修也氏

祐真 つまり、ライブに行ってアーティストの生声を聞いて、「あれ、なんか下手じゃない?」と違和感を感じたのに、家に帰ってCDで聴いてみたら完璧に歌っている。デジタルでアルバムを製作するとはそうなるということですよね。

s_004_KJS

沖野 おっしゃるとおりです。一発録りは直せないぶん、ごまかしが効かないんです。今は、昔のジャズが持っていた良さを充分に再現できるはずなのに、便利だからといってコンピュータに取り込み、直しを入れてデジタル化してしまう。アナログな録音方法とはいえ、決してレトロにならないように今のエッセンスを加えているのがKYOTO JAZZ SEXTETのスタイルです。

祐真 どうしてまたそういうことをやろうと思ったんですか?

沖野 一枚目のアルバムは、2年前に開催された「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」とのコラボから生まれたものだったんです。モダンジャズの名門レーベル「ブルーノート・レーベル」で写真を取っていたフランシス・ウルフの展覧会があって、その関係者に京都のCLUB METROで「なにかコラボ、できませんか!?」と直訴されて…。

祐真 いきなり待ち伏せですか(笑)。

沖野 はい。いきなりそう言われて「この人たち、誰?」みたいな (笑)。ただ当時はたまたま僕もブルーノートのカバーをするアイデアがあって、タイミング悪くブルーノートの社長が引退されて、企画が飛んだばかりだったんです。その企画というのが、「今までダンスミュージックを作っていた人間が、生音のジャズのバンドをする」ということで、それがKYOTO JAZZ SEXTETの結成に繋がったわけです。「DJに何ができるの?」と言われそうですけれど、年齢的なこともあるし、あえて今までにやったことのない領域にチャレンジしたいという思いもあったんです。

祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.21 KYOTO JAZZ SEXTET 沖野修也氏

祐真 今回はジャズで、それに初めて作曲もされたわけですよね。沖野さんって、楽器の演奏はするんでしたっけ?

沖野 いや、楽器の演奏は全くできないです。作曲は鼻歌をiPhoneに吹き込んで作っています。ボーカルのメロディーやベースラインしかり。ドラムのパターンにしても、ほとんどが僕の考えたパターンになっているんです。

祐真 えっ、鼻歌でドラム…ってどういうことですか?(笑)

沖野 僕とミュージシャンの間にプログラマーがいて、その彼が僕の鼻歌をベースにコンピュータにドラムを打ち込んだり、キーボードを入れたりします。その打ち込みがデモになるので、メンバーに聴かせるときは「僕の鼻歌がこんなふうになるのか」みたいな、ちょっとした感動があるんですよ。

祐真 なるほど。そこからそれぞれのミュージシャンが演奏してみて、フィックスできたら、スタジオで本番、一発で演ると!

沖野 ただこれが、本番でまた変わっちゃうんです。「あれ、違うやん」みたいな(笑)。でもそれは結果が良ければ採用します。そこも含めてジャズということなのかと思っているので。

Page02. —KYOTO JAZZ SEXTETは「オキノ・ジャパン」と呼んでいます

ABOUT
SUKEZANE Tomoki

1965年京都市生まれ。(株)マガジンハウスのPOPEYE編集部でファッションエディターとしてのキャリアをスタート。現在は『UOMO』『GQ JAPAN』『Casa BRUTUS』『MEN’S NON-NO』 …