グッバイ・ジャズ、ハロー・ラジオ!|Villa d’Este

グッバイ・ジャズ、ハロー・ラジオ!|Villa d’Este

CAR FEATURES

Concorso d’Eleganza Villa d’Este 2017

コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ2017

グッバイ・ジャズ、ハロー・ラジオ!

ヨーロッパのヒストリックカー・ソサエティにおいて、春から夏は自らのクルマを愉しむとともに、仲間のコレクションを愛でる季節である。その幕開けが、イタリア北部コモ湖畔を舞台に催される「コンコルソ デレガンツァ ヴィラ・デステ」、通称「ヴィラ・デステ コンクール」だ。現存する世界最古の自動車コンクールに、今年も世界からとびきりのクルマたちが集った。

Photographs by Akio Lorenzo OYA/ Mari OYAText by Akio Lorenzo OYA

3台のワールドプレミアも

ヴィラ・デステ・コンクールの起源は第二次大戦前に遡る。

当時、高級車の多くは、エンジン付きシャシーとボディは別々にオーダーしていた。メーカー自身がボディ製作者(イタリアの場合カロッツェリア)の選択肢をある程度用意している場合もあれば、オーナー自身が好みのカロッツェリアに持ち込む場合もあった。

ミラノの富裕層の多くは約50km北のコモ湖畔に別荘を所有していて、自らのセンスの象徴としてクルマを見せあっては楽しんでいた。そうした彼らの趣味を反映して1929年に誕生したのが、このコンクールというわけである。

2017年5月26-28日に催された今回は、4輪車52台(参加は51台)、2輪車40台が参加した。

s_003_Villa _d_Este_2017

BMW Concept 8 Series

s_008_Villa _d_Este_2017

Rolls-Royce Sweptail

イベントは26日夕方の前夜祭から始まった。

その席でBMWグループのハラルド・クルーガー会長によって、2台のコンセプトヴィークルがワールドプレミアされた。1台は未来のアーバンモビリティを想定したエレクトリックスクーター、BMWモトラッド「コンセプト リンク」、もう1台はBMW「コンセプト8シリーズ」であった。後者は2018年にデビュー予定の新型「8シリーズ」の予告である。BMWグループデザインを率いるエイドリアン・ファン・ホーイドンク上席副社長が筆者に語ったところによると、同ブランドの新デザインランゲージは、「よりクリーン、よりシャープ、そしてよりソフィスティケートされた」であるという。

続いて翌27日午前には、BMWグループのロールス・ロイスが「スウェップテール」をこちらも世界初公開した。あるひとりの上顧客の求めに応じて造られたワンオフである。そのビスポークを実現するため、オーナーとディスカッションを重ねながら4年の歳月を要したと担当者は振り返る。