プジョー3008 GTでパリ─ジュネーブ間をロングツーリング|Peugeot

プジョー3008 GTでパリ─ジュネーブ間をロングツーリング|Peugeot

CAR IMPRESSION

Peugeot 3008 GT|プジョー3008 GT

プジョー3008 GTで1000km超を走る!

SUVは「GT」の名に値するか?

2016年5月に欧州で発表され、日本では今年3月より1.6リッターガソリン搭載モデルが販売されている、プジョーの最新SUV「3008」。日本への導入をひかえた2リッター ディーゼル版「3008 GT」で、パリージュネーブ間の往復1,200kmを走る機会を得た。ステアリングを握った南陽一浩氏によるリポートをお送りする。

Photographs by MOCHIZUKI HirohikoText by NANYO Kazuhiro

1.6リッターガソリンモデルとはまったく別物

すでに日本でも3月の発売から、デビュー エディションと呼ばれるファースト ロットが売り切れるほど人気を博しているプジョー「3008」。現在展開されているのはTHP165と呼ばれるガソリンの1.6リッター ターボ搭載モデルだが、続いてBlueHDi 180の2リッター ディーゼル版が夏から本格導入されることが決まっている。その名も「3008 GT」で、ハッチバックの「308」やステーションワゴンの「308SW」と同様、「GT」のペットネームが与えられたパワフルなスポーティグレードと位置づけられる。

その昔、「GT」といえばSUVとは程遠い、スポーツカーの延長にあるジャンルだった。スポーツカーに比肩する運動性能を誇りつつも耐候性を強化し、乗員の旅行鞄を積めるラゲッジスペースと同時に、長距離でも快適な乗り心地と十分な速さを備えたクルマ、それがGTだったはずだ。

s_002_Peugeot_3008_GT
s_005_Peugeot_3008_GT

鼻先の軽いガソリンエンジンの3008は、SUV離れした軽快なハンドリングによって、すでに日本の路上でも高い評価を得ている。だが、もっとパワーがあって前車軸重量もかさむディーゼルエンジンは、クルマとしてまったく別物といえる。果たしてそれはGTの名に値する内容なのか?

今回は左ハンドルの本国仕様で、パリからジュネーブへとジュラ山脈の峠と国境を越え、往復1,200kmを走破する、文字通りのグランドツーリングをとおして試乗することができた。テップレザーとアルカンターラというコンビネーションの内装と6段AT、そしてオプションのパノラミックサンルーフなど基本的には日本仕様に準じるモデルだ。