3か月間、4人で頑張った三谷さんの新作舞台「不信」|戸田恵子

戸田恵子|3か月間、4人で頑張った三谷さんの新作舞台「不信」

LOUNGE FEATURES

3か月間、4人で頑張った三谷さんの新作舞台「不信」

大変遅くなりまして恐縮、今年初のOPENERSの記事になってしまいました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

Text by TODA Keiko

三谷幸喜さん作・演出の新作舞台に出演するのは9年ぶり

2017年も明けてもう4月。2月まではNHKの「スタジオパークからこんにちは」のMCを務めまして、3月から舞台の本番に入るゆえ、番組はひと足お先に卒業いたしました。MCをしていなければお会いすることのない沢山のゲストの皆さんとお話が出来て、本当に貴重な時間となりました。3年間応援ありがとうございました。

※この先、舞台「不信」の一部ネタバレがございますのでご注意ください。

そして新作舞台「不信~彼女が嘘をつく理由」は1月末から稽古に入りました。といっても台本は出来上がってはいなかったのですが(笑)。出来ているところだけを読むだけでも、早、胸がわくわくする台本でした。

三谷幸喜さん作・演出の新作舞台に出演するのは9年ぶりになるとか。やはり何といっても面白い! そして今回はワンシチュエーションではなく場面がどんどん変わる。三谷作品では初の試みでした。全部で34シーン。映画のようにスピーディーにやりたいと。

さて、舞台でスピーディーにやるにはどうすれば? 稽古場でも日々試行錯誤。そしてあのイス6脚が自在に動くことになり、シーンに合わせて位置取りを変えてゆく。自動ではなく手動です。自動に見える手動です(笑)。まさに縁の下の力持ちのスタッフさんが神経を張ってくれました。

セットは無く、イスのみの抽象的な美術で役者も表現をしてゆく。なかなか難しいことでした。セットがあるってつくづく有難いと思ったりして。

3か月間、4人で頑張った三谷さんの新作舞台「不信」

何といっても劇場の客席が両サイドにあるということが今回は役者を悩ませるところでした。どちらからも360度まる見えなんです。いつもの倍、神経を使う感じですね。でもお客様にとっては両サイドから観てみたいとの声も沢山あり、実際、日を変えて違うサイドから観られた方は沢山いらっしゃいました。何度もありがとうございました。

09_honbanmae_s02

今回の「不信」はコメディ・サスペンス。役名もなく、実にシンプルでスタイリッシュな舞台となりました。かっこいい演劇です。2組の夫婦は隣同士に住んでいて、私の役はクレプトマニア(窃盗症)という変わった役どころで、全ては私の役が発端。最終的には夫に殺されてしまう。何とも切ない可哀想な結末で、もう一方の夫婦は隣の夫婦のことに首を突っ込みながら、お互いに不倫をしている?みたいな「不信」が最後には顔を出す。

笑いもあり、ドキドキもあり、伏線も巧妙で、大絶賛でした。三谷さんの新しいチャレンジ同様、私も新たな役どころに挑戦して、また、新しい境地に降り立った感じがしています。

page02. 素敵な共演者に囲まれて

ABOUT
TODA Keiko

愛知県出身、9月12日生まれ。NHK名古屋放送児童劇団に小学5年生から在籍し、『中学生群像』(『中学生日記』の前身) で女優デビュー。1973年に上京し、翌74年「あゆ朱美」の芸名でアイドル演歌歌手としてもデビューする。 その後、タレント活動中に声優・演出家の野沢那智より声をかけられ、77年に野沢主宰の劇団・薔薇座へ入団。本格的な演技を学び 始め、『スイート・チャリティ』『踊れ艦隊のレディたち』など数多くのミュージカルに出演、看板女優として活動する。 主演した『スイート・チャリティ』で芸術祭賞演劇部門賞を、また外部出演したミュージカル『ミュージックマン』で葦原英了賞を受賞。 薔薇座には89年まで在籍し、同年には舞台『渾・身・愛』で第24回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞。 79年に『機動戦士ガンダム』のマチルダ・アジャン役で本格的に声優としての活動をスタート。その後、アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』 (三作目)の鬼太郎、『キャッツ・アイ』の瞳、『きかんしゃトーマス』のトーマス、『それいけ!アンパンマン』のアンパンマン などの声で人気を集める。洋画の吹き替えも数多く手掛けジュリア・ロバーツ、ジョディ・フォスター、ビビアン・リーなどでよく知られている。 声優としての活躍が続いた後、97年には三谷幸喜脚本によるテレビドラマ『総理と呼ばないで』、同じく三谷幸喜脚本・監督の 映画『ラヂオの時間』に出演するなど、女優業を意欲的に展開。その他『クイール』『NINXNIN忍者ハットリくんTHE MOVIE』 『THE 有頂天ホテル』。『ラヂオの時間』では、日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞した。 以降も女優として、NHK朝の連続テレビ小説『ちゅらさん』『純情きらり』、NHK大河ドラマ『新撰組!』、 CX『ショムニ』『お水の花道』『天才柳沢教授の生活』『HR』などに出演。また舞台でも『温水夫妻』『You Are The Top』 『オケピ!』『なにわバタフライ』(共に三谷幸喜作・演出)、『歌わせたい男たち』(永井 愛作・演出)、 『星屑の町・東京砂漠編』(水谷龍二作・演出)、地球ゴージャス『HUMANITY』、『ザ・ヒットパレード ショウと私を愛した夫』 (鈴木 聡作・山田和也演出)など、同時代の劇作家によるオリジナル作品に多数出演。『なにわバタフライ』『歌わせたい男たち』 で、第5回朝日舞台芸術賞秋元松代賞、第13回読売演劇大賞最優秀女優賞を受賞した。 確かな歌唱と演技、その存在感は各界のクリエイターから評価され、世代を超えて観客からも支持を集めている。