EXILE AKIRAさんが語るラルフ ローレン|RALPH LAUREN

RALPH LAUREN|EXILE AKIRAさんが語るラルフ ローレン

FASHION FEATURES

RALPH LAUREN|ラルフ ローレン

EXILE AKIRAさんが語るラルフ ローレン(1)

ダンスボーカルグループEXILEのAKIRAさんがRALPH LAUREN(ラルフ ローレン)のアンバサダーに就任した。アジア人としては初めての快挙となる。AKIRAさんが以前から雑誌や写真集などのオフィシャルなシーンだけでなく、プライベートでも日常的にラルフ ローレンを愛用していたことが起用のきっかけとなったそうだ。今後はブランドの体現者として、そしてブランドの顔としてラルフ ローレンの思想や美学を伝えていく。ラルフ ローレンの最上級のラインであるパープルレーベルは、伝統的なヨーロッパのテーラードスタイルにインスパイアされた、ラグジュアリーで気品溢れるスタイルが特徴だ。今回、祐真朋樹・弊誌編集大魔王が提案するパープルレーベルの着こなしを、アンバサダーのAKIRAさんに表現してもらうことになった。プライベートでも長らくラルフ ローレンを愛用しているというAKIRAさんのスタイルも参考しながら、パープルレーベルの楽しみ方を見つけてみてほしい。

Direction and Interview by SUKEZANE TomokiPhotographs by YABUKI Takemi (W)Text by ANDO Sara (OPENERS)

“着る人”というブランドを引き立たせてくれるパープルレーベル

祐真朋樹・弊誌編集大魔王(以下、祐真) AKIRAさんは本当にラルフ ローレンが似合いますね。

AKIRAさん(以下、AKIRA) ありがとうございます。僕の体型にフィットすることもあり、大好きなブランドです。ポロもスポーツも着ていました。ラルフ ローレンは王道ブランドなので、いわゆる“ストリート系”の方たちも好んで着ているんですよね。去年大人気だったボンバージャケットを今年も普通に着こなしているラッパーもいますし。

AKIRA

祐真 ラルフ ローレンはひとつのアイコンというか、服が好きな男性は必ず一度は袖を通しますよね。今回控えている撮影ではパープルレーベルを着ていただくのですが、ラルフ ローレンというとRRLやポロのオックスフォードシャツなどのイメージがありますよね。パープルレーベルは普段着ていますか?

AKIRA はい、着ています。舞台挨拶などでスーツを着ることが多いですが、普段はヴィンテージミックスで着ています。難易度が高いので、ズレないように意識しています。

祐真 合わせやすいですか?

AKIRA パープルレーベルとRRLの相性はいいと思います。周りでもパープルレーベルのニットにRRLのデニムを合わせている方がいますよ。ラルフ・ローレンさんにもこの前お会いしたのですが、その時全身ヴィンテージにパープルのニットを合わせていらっしゃいましたね。

祐真 雑誌のファッションページだとなかなかそういう紹介ができないので、面白いですね。AKIRAさんは元々ファッションがお好きだと思いますが、ラルフ ローレンの存在を知ったのはいつでしたか?

AKIRA 小学生くらいにはポロのシャツの存在は知っていましたが、初めて自分のお小遣いで買ったのは中学生の時ですね。RRLのデニムを買いました。ヴィンテージが好きだったのですが、安くて形のいいものは地元の古着屋にはなく、たまたま入ったセレクトショップでRRLのLサイズのデニムを見つけたんです。

祐真 その頃から身長が高かったんですか?

AKIRA すでに181〜2センチくらいありました。

祐真 大きいですね。ではその頃からXLくらいのサイズを着ていたのですね。一時期XLサイズが流行っていたことを思い出しました。ちょうど25年ほど前でしょうか、ビッグポロが流行って。

AKIRA ポロスポーツですかね?

祐真 そうそう、ラッパーの間で流行った時代があったんですよ。

AKIRA 90年代ですよね。僕も大好きで憧れていたので真似していました。でも実際に買うようになったのは上京してからですね。

_DSC6377
_DSC6384

祐真 ダンスを始めたのも90年代頃ですか?

AKIRA そうですね。中学生の時に古着にハマり、高校生でダンスを始めてから、アメリカンカジュアル、ストリートカジュアル、西海岸のカジュアルを経て、ラルフ ローレンのポロやポロスポーツを着たニューヨークのラッパーやダンサーのスタイルを真似するようになり、FILAのスポーツジャージーなんかを着ていましたね。ラルフ ローレンを着たかったのですが、サイズがジャストすぎるものしか売っていなくて、ニュアンスが違ってなかなか着られなかったんですよ。憧れはあったんですけど。

祐真 アメリカのラッパーやダンサーたちの音楽だけでなく、ファッションも参考にしていたというわけですね。

AKIRA はい、新譜を漁って、ラッパーたちがどういう流れで服を着こなしているか見ていましたね。ミリタリーを着ていれば迷彩っぽいアイテムが流行るなと買いに行ったり、エビスジーンズを穿いていれば真似して穿いたり。とにかくラッパーの服装を追いかけていました。

祐真 衝撃的にカッコいいのはありました?

AKIRA それこそ90年代のZIGGYやSmif-n-Wessun、Leaders of the New Schoolなどですね。

祐真 すみません、その辺り、僕は疎くてわからないんですけど、その方たちもラッパーなんですか?

AKIRA そうです、90年代に流行ったラッパーです。Tシャツとかスポーツジャージーとか、彼らの着こなしを参考にしていました。

Page02. パープルレーベルをカジュアルダウンして着こなす粋な楽しみ方

ABOUT
SUKEZANE Tomoki

1965年京都市生まれ。(株)マガジンハウスのPOPEYE編集部でファッションエディターとしてのキャリアをスタート。現在は『UOMO』『GQ JAPAN』『Casa BRUTUS』『MEN’S NON-NO』『ENGINE』等のファッションページのディレクションのほか、著名アーティストや文化人の広告のスタイリング等を手掛けている。パリとミラノのコレクション観覧歴はかれこれ25年以上。   Born in 1965 in Kyoto, Japan. He started his career as a fashion editor at POPEYE magazine of Magazine House. Currently, he is working on various magazines such as UOMO(SHUEISHA), GQ(Conde Nast Japan),Casa BRUTUS (Magazine House), MEN’S NON NO (SHUEISHA), ENGINE(SHINCHOSHA)and he is setting styling people such as artists and […]