ウラカンのハイパフォーマンスモデル「ペルフォルマンテ」登場|Lamborghini

ウラカンのハイパフォーマンスモデル「ペルフォルマンテ」登場|Lamborghini

CAR NEWS

Lamborghini Huracan Performante|ランボルギーニ ウラカン ペルフォルマンテ

ウラカンのハイパフォーマンスモデル「ペルフォルマンテ」登場

ランボルギーニは3月7日にスイスで開幕したジュネーブモーターショーで「ウラカン」のハイパフォーマンスモデル「ウラカン ペルフォルマンテ」をワールドプレミアした。

Text by YANAKA Tomomi

軽量化とエアロダイナミクス技術がニュル最速のラップタイムに寄与

世界初披露前にドイツ・ニュルブルクリンクで市販車最速となる6分52秒01のラップタイムをたたき出した「ウラカン・ペルフォルマンテ」がついにベールをぬいだ。

パワートレインは、5.2リッターV10自然吸気エンジンが最高出力470kW(640ps)、最大トルク600Nmを発揮し、トランスミッションは7段LDFを組み合わせる。最高時速は325km/h、四輪駆動ということもあり、0-100km/h加速は2.9秒を記録した。

Lamborghini Huracan Performante|ランボルギーニ ウラカン ペルフォルマンテ
Lamborghini Huracan Performante|ランボルギーニ ウラカン ペルフォルマンテ

この記録には最新の軽量化技術や、空気力学が寄与。ボディにはアルミニウムと、レジンの母材に炭素を埋め込んだ「フォージド コンポジット」を使用し、剛性はそのままに従来のカーボンファイバー コンポジットでは不可能とされた軽量構造の維持と複雑な幾何学形状の両方を実現しているという。

またエアロダイナミクスでは、イタリア語で「翼」を意味する「エアロダイナミカ ランボルギーニ アッティーヴァ(ALA)」により、高ダウンフォースや抵抗力での走行の際に能動的に空力負荷を変化させ、公道でもサーキットでもシーンに応じたパフォーマンスを発揮する。

ペルフォルマンテが掲げた開発目標である「パフォーマンス志向のレース仕様車」を反映すべく、サスペンションシステムも改良。「ウラカン クーペに比べ、直立剛性は10パーセント、ロール剛性は15パーセントアップさせた。

デザインは、ウラカンに比べフロントがシャープなデザインへと進化。リアの排気パイプを高位置に設置することで、エンジンとのつながりがより直接的なものとなり、スポーティな印象を引き立てる要素となっているとランボルギーニでは謳う。

Lamborghini Huracan Performante|ランボルギーニ ウラカン ペルフォルマンテ
Lamborghini Huracan Performante|ランボルギーニ ウラカン ペルフォルマンテ

室内でも軽量化をおこない、パドルやドアハンドル、センターコンソールなどもフォージド コンポジットを採用。また車内ダッシュボードのディスプレイには、ダウンフォースなどALAの詳細なデータを表示する。さらに、車内に搭載された新デジタル コックピット ディスプレイでは、「ストラーダ」「スポルト」「コルサ」の3種類のドライビングモードに応じた設定の変更も可能だ。

インテリア デザインは、ダークカラーのアルカンターラ生地を使用しているが、ランボルギーニ アド ペルソナ プログラムにより、ユーザーの好みに応じた自由なインテリアのカスタマイズも提供される。

価格などは未定。デリバリーは今年の夏以降が予定されている。

080507_eac_spec
Lamborghini Huracan Performante|ランボルギーニ ウラカン・ペルフォルマンテ
ボディサイズ|全長 4,506 × 全幅 1,924 × 全高1,165 mm
ホイールベース|2,620 mm
トレッド前/後|1,668 / 1,620 mm
重量|1,382 kg
重量配分 前/後|43/57 %
エンジン|5.2リッターV型10気筒自然吸気エンジン
ボア×ストローク|84.5 × 92.8 mm
最高出力|470 kW(640 ps)/8,000 rpm
最大トルク|600 Nm/6,500 rpm
トランスミッション|7段デュアルクラッチトランスミッション(LDF)
駆動方式|4WD
最高速度|325 km/h
0-100km/h加速|2.9 秒
0-100km/h加速|8.9 秒
サスペンション|ダブルウィッシュボーン
ブレーキ・ディスク前|ベンチレーテッド・ディスク φ380×38mm
ブレーキ・ディスク後|ベンチレーテッド・ディスク φ356×32mm
タイヤ前|245/30R20
タイヤ後|305/30R20