MINIクロスオーバーがフルモデルチェンジ|Mini

MINIクロスオーバーがフルモデルチェンジ|Mini

CAR NEWS

MINI Crossover|ミニ クロスオーバー

MINIクロスオーバーがフルモデルチェンジ

MINIの4ドアSUVモデル「クロスオーバー」がフルモデルチェンジし、日本への導入が開始された。今回の最大のポイントはこれまでのBセグメントからCセグメントへ移行したことにある。

Text & Photographs by UCHIDA Shunichi

パワートレインはディーゼルとハイブリッド

先代MINIクロスオーバーは、“ALL ABOUT 4”というキャッチフレーズのもと、2011年にデビュー。世界で54万台も販売された。その理由は、キャッチフレーズ通り、全長4メートル、4ドア、4輪駆動、4人が普通に乗れることにあった。

そして今回はそれをさらに進化させサイズアップ。MINIファミリーらしい“ゴーカートフィーリング”は保ちながらも、走りを含めた質感を向上させ、ボディサイズも先代からは、全長195mm、全幅30mm、全高45mmアップ。それによりこれまでのBセグメントからCセグメントへ移行したのだ。

MINI Crossover|ミニ クロスオーバー
MINI Crossover|ミニ クロスオーバー

日本に導入されるMINIクロスオーバーのパワートレインは3種。「クーパーD クロスオーバー」と同「クーパーD クロスオーバー ALL4」には最高出力150ps、最大トルク330Nmを発揮する2リッター4気筒ターボディーゼルエンジンが搭載される。また「クーパーSD クロスオーバー ALL4」には、最大出力190ps、最大トルク400Nmの2リッター4気筒ターボディーゼルエンジンが採用された。

そして「クーパーS Eクロスオーバー ALL4」は、前輪を駆動する最高出力136ps、最大トルク220Nmの3気筒1.5リッター ターボ ガソリンエンジンにプラスし、後輪を駆動する最大出力88ps、最大トルク165Nmの電気モーターが組み合わされる。容量7.6kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載しており、最高速度125km/h、最大距離約40kmの範囲でEV走行が可能だ。このハイブリッドモデルのみ2017年第2四半期よりデリバリー開始が予定されている。

MINI Crossover|ミニ クロスオーバー
MINI Crossover|ミニ クロスオーバー

機能性も向上した。特にリアのレッグルームが約50mm拡大。さらにリクライニング機能も付加され、エアコンのベントも標準装備されるなど、快適性が向上。リアシートは前後スライド機能も備わり、最後端まで下げ快適性を向上させられる一方、最前端にしてラゲッジをより有効に利用することも可能だ。

ラゲッジスペースは、バンパー下に足を入れることで開閉可能なオートマチック テールゲート オペレーションのイージー オープナー機能が搭載された。また、ラゲッジスペースの後端に腰かけられるよう、ピクニックベンチも備わる。これは、普段は折りたたんでラゲッジスペース下部に収納されているが、必要に応じて引き出すことで、バンパーが汚れていても、気にせずラゲッジスペースに腰かけることができ、アウトドアなどで活躍する装備だ。

そのラゲッジスペース容量は450リッターと、従来モデルよりも100リッター拡大した。